30/01/2015

豹変して脅してくる会社

去年の暮れ、なんとなくレーザーカットの会社を探していて、レーザーカット+アクリルに好きなイラストをプリントしてくれるサービスを見つけたのです。

今時は凄いですな。何か市販で売っているようなものまで個人でオーダーできるとか!

5年前はレーザーカットの会社を探すのも一苦労で、たまたまマダムの知り合いに家庭用のレーザーカットマシーンを買った方がいて、最初期はその方にレーザーカットをお願いしていました。その方はシンセサイザーのパーツをカットするのに購入したそうです。家庭用とは言え、レーザーで焼いて切るというものなので排気にかなり大きなダクト?を付けていたり、大掛かりなものでした。その人の家ではガレージにマシーンを設置していました。そして、お願いしていたものの…やっぱりカットが素人ゆえ焦げてしまった失敗カットがたまに混入している、カット時間で課金されるのですが家庭用だとカットに時間がかかるのかなんなのか本当にやたらめったら料金とられる(知り合い価格どころかぼったくられていた可能性。笑)

という状況で、料金の事はさしおいてもクオリティが安定しないのは申し訳ないけどダメだなぁ…という事で、その方とは一年程でさようならをして、新たに他の会社を探す事に。そして連日検索してやっと見つけたのが…なにやら図工用のカットを主にやっている所(笑)

というわけで、今もその図工用のカット会社にお願いしているわけですが、最新のレーザーカット事情も随分様変わりしたかな?と、ふと検索してみたら、上記のアクリルに印刷もできるサービスを見つけたわけです。 これは面白そう!と、注文する気満々! charm どのデザインを注文するか迷って、このロップトワネットさまのイラストをチャームにする事にしました。サイトを読むとデータを作るのにはあれこれ規約があるようで、テンプレートもダウンロードできるようになっていました。が、しかし…テンプレートを開いたら私のイラストレーターではデータが壊れていて正確なデータが見られない!恐らくその会社は最新のイラストレーターを使い、私は未だにCS4を使っている。と言うわけで、サイトに書いてあるデータを作るときの注意点を10回位読んで自分で1から作りました。

オーダーして、自分で作ったデータをアップ。 同日に支払い完了のメールは来ました。サイトには仕上がりまで10日程と書いてありました。気がついたら、音沙汰なく二週間が経過。ん??いくらなんでもデータの件でも発送メールもないわ、おかしくないか?と思い立って、もしかしたらスパムフォルダにメールが来ているかも!と、溜まりに溜まったスパムフォルダーをしらみつぶしにすると… あった、メール来てた。ガーン!

オーダーしたその日に「データ受け取りました。データの不備もなく大丈夫です!ローレン」と。そして、二日後に「ファイル名が文字化けしてるのですが、これはなんとタイプしました?デブ(←デブって太ったデブじゃなくて名前の省略形です。笑)」

ここで彼らからのメールはストップしていました。そして、彼らからのメールは会社のメアドでなくGmailでした。なんでGmail使ってるんだろう?取りあえず、速攻で返信。「文字化けの部分はこうでした。もし可能だったらデータに些細なミスを発見したので新しいデータ送って大丈夫ですか?」 すると、相手からもすぐに返信が届きました。「大丈夫ですよ、今作業中断したので送ってください。デブ」というわけで、新しいデータを送ったわけです。そして、とても感謝してますよ〜!とメールを返事して作業に入ってもらいました。

これが一週間前の出来事でした。 昨晩、この会社からまたメールが来ました。長文です。かいつまんで書くと

「あなたのデータ、不備があったのよ。古いのも入れて合計4ファイル、こっちで手直ししたのね。その度にローレンがいじって直さなくちゃならなくて〜。今度また同じ間違えしたらファイル一つごとに$15課金するから〜。今回はまぁ初めてのオーダーだし見逃してあげるわ。まぁ、今回オーダー受けてから随分時間かかっちゃったけど〜おまけのチャーム二個位入れといたからさ〜喜んどきなさいね。デブ」

は?なんだこの脅し?今話題のいすらm…?(笑)データの不備なんてこれまでひっとことも言わなかったのになに突然?何がどうなった?怖いよ、なんかちょっと怖いよ。ジワジワ来るこの豹変さに失禁を禁じ得ない!!おまけのチャーム二個ってなに、そんなのいらない…

取りあえずもうおっかないのでこの会社は使うのはやめようと思います。出来上がったチャームは今日発送してくれるそうなので、このメールには返信しないで無視しようかとも思うのですが…ちょっと言ってあげたい気分にもなりますな〜。そもそも不備があったらそっちで修正する前にお客さんに連絡するだろう〜。間違えて修正されてこっちの意図しない色やデザインになっている可能性もありますし…。ちなみに、修正後のデータはこのメールに添付されていたけど、既に製造しているので意味なかろうもん!(笑)

ふ〜む、返信するべきか無視するべきか〜なんだかオカシナ会社があるもんだ。学生の片手間で経営しておるのかのう。

29/01/2015

マダムの帰国

マダムが月曜日に帰国しました。

何やら深夜飛ぶ便でしかもバンクーバー経由でシアトル到着、そしてそのままの足で仕事に行ったらしく、家に戻って来たのは月曜日の夕方でした。タフだなぁ〜と思いきや風邪ひいていました(笑)

そして、シアトルは気温が17℃前後あって暖かいのですが、しきりに「シアトルは暖かい!!」と連呼。トロントでは、リアルで外にバナナを置いておいたら凍ってハンマーになって椅子が作れる位だと。そして、前日に残したコーヒーを車の中に放置すると、翌日にはそのコーヒーが凍っているなど…いやぁ、本当に寒そうでした。

そして、普段マダムのお土産を「いやげもの、いやげもの」言っている私ですが…今回はなんと〜!キンダーサプライズのお土産が!

アメリカではキンダーサプライズは中のおもちゃの小さなパーツが危険だと言う事で販売禁止になってしばらくします。もう本当に売ってません。5年位前までは日系スーパーだとかヨーロッパ系食材店にあったのですが今はもうないです。さらに最近では海外で買ってきたキンダーサプライズをアメリカ人が「これは販売禁止になったとても危険なチョコ」と言いながらネットで食べる動画?だか画像をアップしているのも見た事があります(笑)

そんなわけで、今回のお土産はキンダーサプライズ。あとは滞在先のイタリア人街の食料品屋で買ってきたイタリアのお菓子とスカモルツァチーズ…ほぼ食品でした。

実は、リクエストしていたものがあって、それはまだマダムが滞在していた時にムネリン(野球選手?本名が分からない。笑)がトロントブルージェイズと再契約というニュースを見て、トロントにも野球チームがあったの?しかも日本人選手がいたの?と言う事で、スタジアムでムネリングッズ買って来てねと連絡しました。ムネリン、ろくに知らない人なのに。しかも野球も関心ないのに(笑)しかし、どうもブルージェイズのサイトを見るとムネリングッズはなさそうだし…と思いきや、いた、あの人が。世界で一番忙しい日本のキャラがブルージェイズのオンラインショップに!

もちろん、その方はキティちゃん(笑)

キティちゃんとブルージェイズのコラボ商品が面白かったので、「スタジアムでキティちゃんグッズ買って来て」と指令。しかし、滞在先から遠いから却下されてしまったのです。おまけに「オンラインショップで買おうと思ったら送料が高すぎてやめた」ちょ…またオンラインショップ(笑)それはもはやお土産にはならないべ…(笑)

というわけで、マダムの長いトロント滞在も終わって無事に帰国しました。

20/07/2014

マダムのパンツ、全世界を魅了

マダムがまたしてもトロントに行っています。今回は二日前に突然会社から「明後日からトロントに行ってくれ」という緊急事態でした。

前回の帰国便もシカゴ経由という直行便ではありませんでしたが、今回も直行便がなくてバンクーバー経由の早朝の便でした。バンクーバーでのトランジットの間、どうもお土産屋さんに入ったようで、そこからメッセージが来ました。

「エクストラライトのメープルシロップがあった!」

おぉ〜、そりゃ良い!しかもマダムによると、バンクーバーのお土産物屋さんでは、トロントで買ったのと同じグレードのものでも色がゴールデンカラーで、トロントのメープルシロップと全然見た感じが違うという事。カナダ東部と西部ではメープルシロップの質も違うのかなぁ…。また、マダム曰くトロントのお土産物屋さんにはそんなメープルシロップもなかったとも言っていたような?バンクーバーのお土産物屋さんには溢れる程メープルシロップが売っているのに、同じ国内でも事情が変わるのはどこも同じか〜!

さらに、マダムからのメッセージではこんな事も

「空港の荷物検査で、バッグから全部荷物を出されて、むき出しのパンツをカウンターに10分位放置される辱めを受けた!」

…ちょ!(笑)またマダムのパンツが空港で受難の憂き目に合うとは!!

実は、いつぞや…あれは確かマダムがシカゴに行った時だったと思いますが、その時も荷物検査を受けさせられ、バッグの中身を一切合切チェックされ、パンツもご丁寧に一枚一枚チェック。しかもその方法はというと、係官がパンツを一枚一枚高々と掲げ、裏表を入念にチェックしたと…これをタイプしているだけで想像して腹がよじれそうです(笑)

世界中の空港で何故こうもマダムのパンツが大人気なのか!?何故空港係官を魅了してやまないのであろう?(笑)マダムのパンツには魔物が住んでいるに違いありません(笑)マダム、うすら汚れたパンツを持って行けませんな。

06/07/2014

グリークヨーグルト

20140706-200451.jpg

いつだったか何ヶ月前か忘れましたが、シアトルの日系スーパーの宇和島屋店内一角にアイスクリームもしくはジェラート屋さん的なカウンターが出現していました。買い物に行くたびに気になっており、なんとなく検索してみると…

アイスでもジェラートでもなく、グリークヨーグルトの量り売り販売!

正確には、八種類位あるフレーバーから選んで、特大、大中小各サイズのカップに入れての販売という、ヨーグルト専門店。しかもグリークヨーグルト!

試さずにはおられませんね、これは!
と言うわけで、早速買いに走りました。全部フレーバーを見ないうちから、一瞬で私の視覚を捉えて放さなかった「マリオンベリーパイ」一択!本当に他にどんな味があったのかわかりません。リポーター失格(笑) 何かキャラメル的なものとかレモン的な感じのものあった気がする。気がする。

マリオンベリーパイのグリークヨーグルトがあまりにも美味しそうなので、サイズはミディアム。マリオンベリーのジャム的なものにパイを想起させるクランブルがトッピングされたヨーグルトです。

20140706-200518.jpg

買ったあとで、一番小さいサイズを二種類買えばよかった…とはちょっと後悔しました(笑) 実際に食べたところFAGEに似ている、いや、さすがにもっとフレッシュ感がある。かなり濃厚でクリーミー。マリオンベリーパイのアクセントも最高でした。

所で、このグリークヨーグルト屋さん、本店はパイクプレースマーケットにあるそうです。さらに、今日久しぶりにファーマーズマーケットへ行ったら、残念ながら早く行き過ぎてどのお店もオープン準備中でしたが、ファーマーズマーケットにもこのグリークヨーグルトのお店が出店していました。どうやらシアトル近辺で勢力拡大をはかっているようです(笑)

お店のサイトはこちら
http://ellenos.com

30/06/2014

プライドパレード

20140630-175914.jpg

今年初めて、シアトルのダウンタウンで毎年行われているプライドパレード…ゲイパレードに行ってきました。というのも、今年のパレードのグランドマーシャルがなんとあのジョージ・タケイ氏!だからです。ジョージ・タケイはオリジナルのスタートレックでMr.スールー(日本語版ではMr.カトー)を演じた俳優さんで有名です。このジョージ・タケイ氏、2005年に同性愛者であることをカミングアウトしています。

というわけで、初めてのプライドパレード。私が現在住んでいる地区は同性愛者が多く居住する地区としても有名ですので、パレードにももしかしたらというかほぼ近隣の人を見かけるに違いない!

20140630-175925.jpg

このプライドパレードが開催されるようになって、どうやら40年だそうです。そんな歴史があるパレードだとは知りませんでした。

ちなみに、アメリカの都市でゲイ人口が多いのはどこだと思いますか?私は真っ先にサンフランシスコが一番多そう!と思い、ならシアトルはどの位の位置なのであろう〜?とふと疑問に思って検索したら、2014年のゲイ都市ランキングを発見。

http://www.advocate.com/travel/2014/01/06/2014s-gayest-cities-america?page=full

なんと!!一位はワシントンD.C.!!驚きを禁じ得ない!そして、二位がカリフォルニア州パサデナ。カリフォルニアは何やらゲイは多そうな気がしたので特に驚きもないのですが、その次の三位…なんと!!シアトルが堂々の三位に入賞。いやぁ〜そんなにゲイが多いとは思わなかったですぞ。ちなみに、四位がマサチューセッツ州ケンブリッジ(いやぁ〜この都市名はイギリスの方しか知らなかった)五位がジョージア州アトランタ。

あれ?サンフランシスコが五位にも入ってませんでしたね。その続きは上記リンクをご覧下さい。動画広告を見させられる仕様になっているのでご注意です。

20140630-175940.jpg

さて、パレードの方は何やら肉垂れの人が来ました。

20140630-175946.jpg

風、吹かないで!お願い、風さん吹かないで!と言った衣装のおねえさん。いやぁ〜楽しいわ〜!

20140630-175953.jpg

次々素敵な衣装のおねえさんがたが歩いて通り過ぎてゆきます。しかし、実は私の立っていたスポットは正面の通り↑この画像の正面の通りからバスが頻繁にやってきて、バスが来る度におまわりさんが「ピー!!はいはい、除けて除けて、バス通らせて!」とやる地点で落ち着きが無く、移動させられる度に人の流れが変わってなかなかうまく写真が撮れない場所でした…。取りあえず、何か来たらシャッターを押せという具合でした。

20140630-180002.jpg

20140630-180010.jpg

なんかもう皆ディヴァインに見えるよ〜!!

20140630-180017.jpg

20140630-180024.jpg

あらやだ、可愛い笑顔!というかですね、ウチの近所の人絶対いるはずなのですが、このように着飾っているのでちっとも分かりません(笑)

20140630-180030.jpg

巨大なレインボーフラッグ。レインボーフラッグというのはゲイやトランスジェンダー等の尊厳を象徴する旗として70年代から使用されているそうです。もちろんウチの近隣ではこのレインボーフラッグを見る機会がとても多く、私が足繁く通うクランブル&フレークにも掲げてあります。

20140630-180037.jpg

20140630-180044.jpg

なんです、その網は!!人狩り?(笑)

20140630-180054.jpg

そして、キター!!ジョージタケイ氏!!ちょっと待って待って、人垣で撮れない!とやっと撮れたのが↑…しょぼーん…ちなみに、タケイ氏、手はちゃんとスタートレックの手をしていました(あの人差し指と中指、小指と薬指で離す)

20140630-180109.jpg

なんとかもう一枚!!今度は!!お姉さんの頭が!!(泪目)ちなみに、このお姉さんはパレードが始まる前に他の観客と喧嘩して大声でキィキィ叫んで大変でした。楽しいパレード、穏やかに楽しもうや…。しかも、ジョージ・タケイ氏が通っている最中に「誰あれー」と言ったのを聞き逃さなかった、私は!ガクッ

20140630-180101.jpg

あ…もうあんな遠くへ…でも、ジョージ・タケイ氏、御年77歳。若かったです。実は、5、6年前にマダムに連れられて行ったスタートレックのイベントがあり、サイン会で握手してもらった事があります。手が柔らかかったです(笑)

20140630-180127.jpg   なんだかジョージ・タケイ氏を見たら満足してしまい、ここで帰宅。いや、実はマダムが「今日は金目のものはもたずに出かける事!」と、二人で財布も持たずに出かけたのです(笑)マダム曰く、パレードなんかでスリにあったら大変との事。マダムの危機回避能力凄すぎ。おかげで長時間家を離れたらいつ喉が乾くかわからないしある意味危険。というわけでさっさと帰宅してしまいました…。

05/06/2014

バターポット

20140605-131227.jpg

バターの容器を買い替える為に、台所用品のお店に行ってきました。普通のガラスのバター容器を買おうと思いつつ店内を眺めていると、↑のバターポットがありました。前からこの存在は目に入っていましたが、なんでこれ普通のバター容器に比べて高いんだろう?と疑問に。すると、その場で店員さんが背後から突然

「そのバターポットいいわよ〜。私も同じモノを家で使ってるんだけど凄く便利。水を入れて使うのよね」

思わず、「え?水を?!」と聞いてみると、上の容器にバターを詰めて、下の容器に水を入れて、保管は室内。冷蔵庫ではなく室内だと言うではありませんか。バターも室温でパンに塗りやすい、水で密閉するから悪くならないという事らしい…?

そりゃ知らんかった…そんな便利な代物だったとは!

20140605-131659.jpg

と言うわけで、普通のバター容器は棚にスゴスゴと戻し、こちらのバターポットを選びました。面白い〜。しかし、今現在、バターが少量しか残ってない為まだ試す事ができません。バターが少しだとひっくり返した時に落ちてしまうし。試すには新しいバターを買ってきてからですな。ちなみに、下の容器に入れる水は三、四日で入れ替えればいいそうです。日本の夏場は暑くなりそうですが、日本で使っている人は冷蔵庫に入れるのかな?

ちなみに、バターポット(バターベルとも、フランス風バターポットとも)はまだ冷蔵庫がない時代のフランス(南仏のヴァロリス)で生まれたバター保存容器だそうです。