11/11/2016

来年のカレンダー

pikeplace

現在、来年のカレンダーのイラストを制作しています(↑カレンダーからの一枚)

今回はテーマがシアトル!ネタ切れした時の最後の切り札をとうとう使ってしまいました。

10月から始めて、現在まだ仕上がったイラストは6枚。今回はイラレ上でカラートーンを貼った風ではなく、iPadとApple Pencil、あとプロクリエイトという描画アプリを使って色を塗っています。イラレでカラートーンを貼って仕上げる場合は1枚の絵が仕上がるのに1日、二日かかりませんでした。今回は細部まで細かく描いているので1枚仕上げるのに4日、酷いと5日かかってしまいます。しかし、こんな細部まで描いても実際にカレンダーにした時には見えないんだよなぁと思いつつ、細部まで描き込まないと全体の仕上がりがやっぱり違うので描き込まずにおられません。その前に、こんなに真面目に?細かく描写して描いてるなんて(構図は相変わらず狂ってるけど。笑)中学3年の時以来ですぞ!?

そんなこんなで今回はいつにも増して時間的に余裕がなく、とにかく絵を仕上げることに集中。食事や入浴はとにかく後回し(汚ないやばい)朝起きて社長の世話して速攻で絵にかかります。一日14時間ほどカレンダーに向かう毎日です。大学受験の時以来の頑張りです😂

しかし、実家にいた頃は受験で勉強し続けてても母がご飯作ってくれたり洗濯してくれたりなんでもしてくれたけど…今はマダムしかおらん。マダムはお昼にたまに何か買ってきてくれるけどハンバーガーとかなので本当に栄養とれてないし偏ってるし、正味な話本当に野菜を洗って料理する時間は全然取れません。こんな生活を一ヶ月近く続けていたら、口内炎ができたり唇切れたり、歯茎から血が出たり、最近出てなかった蕁麻疹が出たりと涙目。本当に今は精神力だけでやってます。

しかし、今日は…トイレから戻ってきて急いで続きやらなきゃ!とドサっと正座で座ろうとした時、足の親指の爪がカーペットにひかかって爪の真ん中から外側に完全に折れ曲った風で、さらに爪の下から出血!!爪は割れなかったけど、もうなんか死にそうなほど痛いし、絶対これ指が二倍くらいに腫れるんじゃ、下手したら医者に行かないといけないんじゃないか、でも行ってる時間ないしどうしようと思いつつマダムに相談。

「爪がこんななって出血した、どうしよう(写真添付)」

「何したの?冷やして、俺もこないだやった。多分大丈夫。冷やして!」

本当にやったのか疑問だけど冷やしました。とにかく冷やして作業を続けました。痛みで我慢できない所、Youtubeで聴いていたモリッシーの歌を歌いながら気を紛らわしました。そして小一時間後、痛みが消えた。モリッシーありがとう!私も神を赦したもうた!指も腫れてない、血も止まってるし、普通に歩ける(ちょっと痛いけど)!

ちょ…自分強すぎ?写真を公開したいけどグロいのでさすがに自重。しかし本当に凄い怪我でしたぞ。もしかしたら私って殺されても死なないんじゃないかな?😂

とまぁ、様々な困難?を乗り越えながらカレンダーの作業をしています。

今回のカレンダーのタイトルはEveryday is like Bundayでシアトルで過ごす社長の日々をシアトルの景色を交えて描いています。もちろんこのタイトルはモリッシーのEveryday is like Sundayをもじってます。一枚のカレンダーの中にはこのモリッシーの曲のPVに出てくる女の子とモリッシーも描いてしまいました。カレンダーになるとゴマ粒で分からなくなると思うけど😂

 

カレンダーの方は、今日やっと6枚目が仕上がりましたが、もしかしたら今月末までに仕上がらないかもしれません。本来は12月頭には発送しないと日本に年内に届かないはずなので何がなんでも今月末までには仕上げたいのですが、今回は本当に無理かも?

もしそうなったら、最初の半年分を先に発送して、仕上がり次第残りの後半部分を発送しようと思っています。予約を受け付けていますのでお気軽にご連絡ください

orders@lopshop.net

 

18/03/2016

名刺ができたようなできないような

Laptop Shop Card

さて、とうとうLopshopの名刺が完成!!と言いたいところですが、カードの断裁面(小口)の色つけでなんだか沢山失敗しました。難しい!カードを束ねて小口面に色をつけるのですが、なんせこのカード、このサイズにカットしてくれるお店がなくて自分で一枚一枚手作業でカットしました。ぴったりに切っているつもりでもやはり手作業。何ミクロン単位?でサイズが違うし、カットの断面も微妙に斜めになっている!それを束ねて小口の部分に色を塗ろうとしても上手に塗れないのって当たり前かも…?ぐぬぬ…

でも、この部分に色がないとカードが締まらない…(泣)ちなみに、画像のものは中でも綺麗に塗れたものです。失敗したものは印刷面にも大々的に(笑)小口に塗ったインクがはみ出てしまってとんでもないことになってます。

先日買った本には、マジックを使う方法や小さいスタンプインクでポンポンと色を乗せる方法が載っていました。それで再挑戦してみようかな…。

ただ、アダナでの印刷方法はわかってきた気がします。

初回、全力でプレスしたら裏面にも凹みとインクが裏移りして云々と書きましたが、マダムに話したらレタープレスの圧力の調整するところをいじってみればと。

…そんな調整する部分があったんかい!(笑)

確かに本体の裏側に4つのつまみが付いていて、そこを出したり引っ込めたりして何度か試してみたらちゃんと裏に響かないよう印刷することができました。ただ、凹みはほんのりになってしまったけど。

しかし、なんだかんだと淵の色付けに失敗したりしましたが楽しいです。名刺カードの小口色付け問題が解決すれば最高です。

06/05/2015

アダナ8x5届く

adana

以前話していたAdanaのレタープレスが今日届きました!

実は、これはマダムが半額(半分は自分で出した。笑)出してくれて誕生日プレゼントにオーダーしてくれたわけなのですが、3月末にやっとキャスロンのおじさんから「やっと準備できそうだからご入金くださいね、入金したら発送しますからね〜!」と連絡が来ていたそうです。そしてすぐに銀行口座からキャスロンのおじさんに送金(PayPalでは支払い不可で、銀行からの送金のみでした!)。

しかし、入金したらパタリとキャスロンのおじさんからの連絡が途絶え、待てど暮らせど届かない。マダムに「おじさんは船便で出したの?」と聞くと、そそくさと「配送のトラッキング番号を教えてください」と連絡。しかし返事が来ないらしい。

そして、とうとう5月。もう入金してから一ヶ月以上経過。詐欺じゃないよね?(笑)マダムに「もう一回本当に送ってくれたのか連絡した方がいいんじゃないの?」

すると、先週やっとおじさんから返信が!

「実はね〜まだ不備な点があって整備してたのね〜(←私の心の声「本当かな?」)すまないね〜許してくれる?明日の金曜日には絶対発送するから!!」

そば屋の出前か〜?のんびりさんすぎるよ(笑)

というわけで、金曜日に発送となると航空便でイギリスから1週間、2週間位かかるのかなと思いきや、DHLで発送してくれてて水曜日の今日届きました!随分早く届いた!3日位で届いた!と思ったら5日かかりましたな(笑)

レタープレス欲しいなぁ〜と思って5、6年。実際に買おう!と思い立って約半年、やっと入手できました。ちなみに、今回のレタープレスのマシーンはスターターキットも込みでオーダーしたので、インク、インク混ぜるプレート、インクを混ぜるペインティングナイフみたいなの、ローラーなど、薬品以外は全て届きました。薬品は国際郵便では送れないんですな。

このレタープレスのマシンはマダムがウチではなく職場に到着するようにしていたので、ランチタイムにわざわざマダムが一時帰宅してこれを持って来てくれました。開封して、マダムは

「ちゃんと説明書読んでおきなさいよ!ローラーの付け方とか外し方とか練習しておきなさいよ!」

何故かお母さんのように口うるさくあれこれ命令しながら仕事に戻りました。一体なんだったんだ?(笑)とはいえ、説明書読むのが面倒タイプな私にはチクチク刺さる言葉でした。読むのが面倒なのでyoutubeで使い方の動画を見ました。そうするうちに、職場のマダムからメールが

「レタープレス、タノシミ〜」

と…!マダムも使うのを楽しみにしていました(笑)ちなみに、以前シルクスクリーンをやっていた時もマダムの超世話焼きの性格が災いして(←妹が3人もいます)常にしゃしゃり出て来て大変でした(笑)そうか、マダムに使い方を覚えてもらえばいいんだ!

早速、版下を作る為にポリマープレートを注文しましたぞ。これからしばらくはこれを使いこなす為の修行の日々が始まります。

08/02/2015

あ、綺麗!…あれこれって…?orz

先日から書いているデブ戦記ですが…(←デブはDebさんですよ、デボラさんの愛称です)

取りあえず昨日決着?がつきました。やっと…やっっと届いたのです。一体どんなチャームに仕上がっているのか怖くて開けるのも戦々恐々です。箱を開いてまず出て来たのが明細。明細を開いてみると…そこに書いてある文面を読んで私は膝から崩れ落ちました(笑)   deb1 「ローレンがあなたのファイルを直したのよ、どっちの時も」(「どっちの時」というのは、最初にデータを送った時と、私がデータ差し替えを依頼した後の事らしいです) なんなの、なんでこんな何度も何度も言われなくちゃいけないの、いい加減言われすぎて泪目。

私のデータ、どこまでダメだったんだ(笑)しかも必ずやり玉にあがるローレンも一体なんなの? そして、ドキドキの最高潮です、肝心のチャームさえ綺麗に出来ていれば「あんたのデータダメ過ぎ!ローレンが何度直した事か!!」と言われても心は保てる!人としての心は守れる!そう信じていました。 これが、出来上がって来たチャームです deb2

deb4   一瞬、お!!!綺麗にできてる!と思ったのですが…え?これ、左右反転してるじゃないですか(笑)オリジナルのデータは下のエントリーで貼ってますが、ロップトワネットさまは左を向いているのです。が、仕上がって来たチャームは右を向いているではありませんか。

う〜ん、これはなぁ、私としてはアウトだよなぁ…

というかローレンはこれを直したというのでしょうか????

それから、実はデータを差し替えて欲しいというのは、データを作っている途中で髪の毛の色が背景のピンクと同化しそうなので若干グレーよりのほんのり濃い色に変えていたはずなのに、ピンズ(リングを通す穴を付けていない方)のデータの髪の色を変えるのを忘れていた事に気がついたからなのです。万が一、印刷までに間に合えば差し替えて欲しい、もし無理なら致命的な間違えではないので諦めようと思っていたのです。

しかし、過去に書いたように「今ならまだ間に合う、データ差し替える事ができる」と、デブに言われたのでお願いして思いっきり感謝したのですが…。

データ、差し替えてくれてませんよね、これ???

ピンズの方、髪の毛の色がデータ差し替える前のものですわ………

途中まで「差し替えます」「データに問題はありません」だったのが、ある時から突然「ローレンが直した直した」と態度を豹変させ、挙げ句には「本来データを直すには一つのファイルに$15かかる」的な脅しまでされて不可思議に思っていた事の裏には、自分たちがチャームを間違えて作ってしまった!が、負けを認めたくない!という事実があったからのようでした。そして、さらに言うとデブ的には「ローレンが!ローレンが!」と繰り返す事でローレンに罪をなすり付けようとしていた心理状況が伺えます(笑)

もし私がこの会社のオーナーだったら、さすがにお客様のデータを左右反転させたものは売れないですな…。大量に作ってしまったのならお客様にまず謝罪して、破棄して作り直すか、このままでいいのか聞く、全額返金にするか割引として差額を返金するなどの措置をとると思う。彼女たちはこれをしたくないばかりに、私に落ち度があると植え付けようとしたようです。まぁ…こういう対応はアメリカらしいと言えばアメリカらしい。が、この人達はさすがにやり方が子供じみていますよね。「学生の片手間でやっているのでは?」という疑問が信憑性を帯びて来てしまう。学生ではなくてもまだ20代そこそこの社会経験のない人達なのではないかな?

とはいえ、チャーム自体はホントに可愛く出来ています。背面は本来は水色にしましたが、出来上がって来たものはペパーミントグリーンになっています。ただ、色の出方に関してはPC環境や印刷する素材等で色味はかなり変わってくるのでこれは問題はありません。(この会社は扱っている素材を使った色見本も販売しているので、色を確実に出したいときはそれを購入)

deb3そして、黒いアクリルに印刷したもの。こちらは私が差し替えをお願いしたデータでやってます。向きも正解。なぜこれでクリアも作れなかったのか…orz

現時点では、これらのチャームはイヤフォンジャックアクセサリーとピンズにしています。お天気がよければ撮影してLopshopのサイトに登場させる予定です。値段はイヤフォンジャックアクセサリーもピンズも$10.00ですが、クリアの方は上記の件で私自身が納得いってない→気分的にそういうのをお客さまに販売するのはいいの?ならば-$1の$9.00で販売しましょうか…という事で$9.00にします。

今朝起きた時、マダムからは

「今朝もデブから『ローレンがあなたのファイル直したのよ!』とメール来た?(笑)」

とからかわれました(笑)とはいえ、物自体の仕上がりは良いので、そこもまたなんだか悔しいですね(笑)

 

…今、ネットで誰もが何でも書く事が出来て世界に発信できます。レビューサイトもあるし、お店や何かしらのサービスを提供している会社にはそのお客様のレビューがプラスにもマイナスにもなります。そして、レビューが人々に多大な影響を与えます。私自身もレビューや星はチェックしますし、それで行動取る部分が大きいです。

本来、このチャームの会社の場合、私ならと上で書いたけど、自分たちに損失を出さずに、またレビューでも悪く書かれないようにするにはお客の側(私)に如何に落ち度があったかと言う事を埋め込ませざるを得なかったのだと思います。やっている事は理解できないけど、そういう気持ちだけは理解できるよ、デブ……。今は本当に大変な世の中だと思います。

30/01/2015

豹変して脅してくる会社

去年の暮れ、なんとなくレーザーカットの会社を探していて、レーザーカット+アクリルに好きなイラストをプリントしてくれるサービスを見つけたのです。

今時は凄いですな。何か市販で売っているようなものまで個人でオーダーできるとか!

5年前はレーザーカットの会社を探すのも一苦労で、たまたまマダムの知り合いに家庭用のレーザーカットマシーンを買った方がいて、最初期はその方にレーザーカットをお願いしていました。その方はシンセサイザーのパーツをカットするのに購入したそうです。家庭用とは言え、レーザーで焼いて切るというものなので排気にかなり大きなダクト?を付けていたり、大掛かりなものでした。その人の家ではガレージにマシーンを設置していました。そして、お願いしていたものの…やっぱりカットが素人ゆえ焦げてしまった失敗カットがたまに混入している、カット時間で課金されるのですが家庭用だとカットに時間がかかるのかなんなのか本当にやたらめったら料金とられる(知り合い価格どころかぼったくられていた可能性。笑)

という状況で、料金の事はさしおいてもクオリティが安定しないのは申し訳ないけどダメだなぁ…という事で、その方とは一年程でさようならをして、新たに他の会社を探す事に。そして連日検索してやっと見つけたのが…なにやら図工用のカットを主にやっている所(笑)

というわけで、今もその図工用のカット会社にお願いしているわけですが、最新のレーザーカット事情も随分様変わりしたかな?と、ふと検索してみたら、上記のアクリルに印刷もできるサービスを見つけたわけです。 これは面白そう!と、注文する気満々! charm どのデザインを注文するか迷って、このロップトワネットさまのイラストをチャームにする事にしました。サイトを読むとデータを作るのにはあれこれ規約があるようで、テンプレートもダウンロードできるようになっていました。が、しかし…テンプレートを開いたら私のイラストレーターではデータが壊れていて正確なデータが見られない!恐らくその会社は最新のイラストレーターを使い、私は未だにCS4を使っている。と言うわけで、サイトに書いてあるデータを作るときの注意点を10回位読んで自分で1から作りました。

オーダーして、自分で作ったデータをアップ。 同日に支払い完了のメールは来ました。サイトには仕上がりまで10日程と書いてありました。気がついたら、音沙汰なく二週間が経過。ん??いくらなんでもデータの件でも発送メールもないわ、おかしくないか?と思い立って、もしかしたらスパムフォルダにメールが来ているかも!と、溜まりに溜まったスパムフォルダーをしらみつぶしにすると… あった、メール来てた。ガーン!

オーダーしたその日に「データ受け取りました。データの不備もなく大丈夫です!ローレン」と。そして、二日後に「ファイル名が文字化けしてるのですが、これはなんとタイプしました?デブ(←デブって太ったデブじゃなくて名前の省略形です。笑)」

ここで彼らからのメールはストップしていました。そして、彼らからのメールは会社のメアドでなくGmailでした。なんでGmail使ってるんだろう?取りあえず、速攻で返信。「文字化けの部分はこうでした。もし可能だったらデータに些細なミスを発見したので新しいデータ送って大丈夫ですか?」 すると、相手からもすぐに返信が届きました。「大丈夫ですよ、今作業中断したので送ってください。デブ」というわけで、新しいデータを送ったわけです。そして、とても感謝してますよ〜!とメールを返事して作業に入ってもらいました。

これが一週間前の出来事でした。 昨晩、この会社からまたメールが来ました。長文です。かいつまんで書くと

「あなたのデータ、不備があったのよ。古いのも入れて合計4ファイル、こっちで手直ししたのね。その度にローレンがいじって直さなくちゃならなくて〜。今度また同じ間違えしたらファイル一つごとに$15課金するから〜。今回はまぁ初めてのオーダーだし見逃してあげるわ。まぁ、今回オーダー受けてから随分時間かかっちゃったけど〜おまけのチャーム二個位入れといたからさ〜喜んどきなさいね。デブ」

は?なんだこの脅し?今話題のいすらm…?(笑)データの不備なんてこれまでひっとことも言わなかったのになに突然?何がどうなった?怖いよ、なんかちょっと怖いよ。ジワジワ来るこの豹変さに失禁を禁じ得ない!!おまけのチャーム二個ってなに、そんなのいらない…

取りあえずもうおっかないのでこの会社は使うのはやめようと思います。出来上がったチャームは今日発送してくれるそうなので、このメールには返信しないで無視しようかとも思うのですが…ちょっと言ってあげたい気分にもなりますな〜。そもそも不備があったらそっちで修正する前にお客さんに連絡するだろう〜。間違えて修正されてこっちの意図しない色やデザインになっている可能性もありますし…。ちなみに、修正後のデータはこのメールに添付されていたけど、既に製造しているので意味なかろうもん!(笑)

ふ〜む、返信するべきか無視するべきか〜なんだかオカシナ会社があるもんだ。学生の片手間で経営しておるのかのう。

27/11/2014

カレンダーできました

calendar_2015   やっとカレンダーが出来ました!!

いやぁ〜来年のカレンダーはどうなる事かと思いましたね、自分でも。二週間前に1羽のカモメがあの時あそこで鳴かなかったら私は今でも「うあぁ〜思い浮かばない、ダメだ!」とゴロゴロ転がっていた事かと思います。

イラスト描き始めて一週間、カレンダーが仕上がりましたよ。色はいつものようにスクリーントーンを貼るような感じにして鉛筆とペンの線が出るようにしてあります。例年使っているコットン紙に印刷するとまたいい感じになるのではないかと。この一週間、1年分の働きしましたよ!まるで夏休みの宿題を31日に全部やる小学生のように!今回のカレンダー、なんとなく月ごとにストーリー性のある絵になっています。しかし、とあるイラストをマダムにダメだしされたのでイラストを差し替えた結果、急激なおかしな展開になっている月がありますがご了承ください(唐突に、なんの脈絡もなくセントバーナードが出て来る。笑)

一応、舞台はノイシュバンシュタイン城周辺の湖です。所で、先日スタビロの会社の成り立ちを調べていた時に、なぜスタビロのロゴがスワンなのかと思ったら、スタビロの経営が傾いた時にシュバンシュタインさんという方が工場を買い取ったうんたらかんたらの縁で、苗字のシュバン=スワン(白鳥)がロゴになった模様。というわけで、ドイツ語でスワンはシュバンだったんですな。これまでノイシュバンシュタイン城の名前がどうしても覚えられなかったのですが、このスタビロの逸話でやっと覚える事が出来ましたよ!ドイツ語の勉強はした事がないけど、ノイは確か新しいですよね?新しい白鳥のシュタイン城(ノイ・シュバン・シュタイン)で覚える事ができた!覚えられなかった頃はノイバンシュタインとかノイバンシュタンシュタイン城などでたらめ言ってました、ゴメン、お城さん。

そして、結局トーチャンに助けを求めたものの、前半はトーチャンも忙しくてみてもらえず、あわよくば背景描いてもらえないかしら等という目論みも失敗!(笑)結局、描いた絵を見てもらっておかしな所がないかチェックだけはしてもらいました。 そして、短期間に白鳥を見すぎたせいで、色んなものが白鳥に見えてしまう事に!数字の2を見ても白鳥にしか見えない…2は優雅だなぁ…美しいフォルムだなぁ…雲を見ても白鳥ばかりに見えるし、はたまた外出時に路上の街灯を見ても白鳥に見えて本気でギョッとしてしまう病におかされています(ちなみにシアトル市内にはイラストに使ったコブハクチョウはいません…いないはず。オリンピア市の湖には1羽いるようですが…)

そして、タイトル文字はドイツの昔の文字を参考にしたと言う↑このフォントを使ってみたのですが、Lは綺麗な飾り文字になっています。そのLを見た時にまたもや白鳥が見えたので、実際に白鳥に見えるように改変してみた…けど冷静になった今見ると羽の部分がフランスパンっぽくも見えますな…また後で変えるかも(笑)

というわけで、カレンダー販売開始!したいのですが、紙がなかった!!!3日程前に気がついてオーダーしました。紙もシアトルでは販売していないものなのでオンラインで注文して届くのを待っている所です。なんとか12月第一週には送付したいです。クリスマス間近になると郵便事情が悪くなってしまうのでねぇ…紙の配送屋さん、頑張って!走って!!

所で、Twitterやインスタグラムでちらっとブラックフライデーセールを行う予定と書いたのですが…想像よりも商品準備が間に合わなくてですね…色々不手際が発生したので本当に準備が押せ押せになっています。しかし、既にツイート等してしまっているのでそのツイートやこのブログエントリーを見た方だけLopshop全商品20%オフでご提供!ご注文はサイトを通してではなく、直接メールにてご希望の商品を記載の上ご連絡ください。西海岸時間28日0時から29日0時までの24時間です!日本だと…29日夕方5時から30日の夕方5時でしょうか?間違えてたらめんごめんご、も〜この時間でいいや!(←めんごなんて小学生ぶりに使った。笑)

それでは、オーダーはこちらへお願いします↓

orders@lopshop.net

10/11/2014

ティータオル!

teatowell

 

2015年のカレンダーのイラストが描けなかったので、も〜来年のカレンダーはやめようかな♪と思っていたのです。しかし、母から「○○さんから来年のLopshopカレンダーないの?と聞かれたわよ。しかも『いつまででも待つわ、毎月カレンダーのページめくるの楽しみなの』と言ってたわよ」

ヒョー!!!

も〜作らなくていいや〜やっぱ12枚も描くなんて大変だも〜とダラダラ寝っ転がってましたが、途端にシャキーンと目がさめました。こら作らなあかん。しかし、もう11月半ばにさしかかってる。さらに、何日か前、よくLopshopからお買い物してくださるカリフォルニアの方からメールが来ました。

「最近、プロップ(社長)のブログが更新されてないけど、プロップは元気ですか?あと来年のカレンダーはありますか?」

ぎょえー!

社長ブログにも書きましたが、いつも社長ブログはiPhoneから更新していたのです。しかし、更新が滞った頃からワードプレス(更新に使うアプリ)をアップグレードしたら画像を貼る機能が変わってしまって画像サイズの調節が自由にできなくなったりした為、更新するには一旦パソコンで作業しなければいけなくなって「メンドクさ…」になってしまったのです(笑)

その代わりインスタグラムではたまに社長の画像は貼っています。

しかし、世界のどこかでカレンダーを待ってくれる人がごく少数でもいるという事は見過ごせません。やっぱり描かないと!しかし、現在、今年はブラックフライデーセールをしようと計画している事と、また再びシンクロナイズ堂さんに商品を一部卸す事で、その為の準備でカレンダーに手が回りません。お手上げだ〜!取りあえず、シンクロナイズ堂さんもブラックフライデーも今月末までに解決しなければいけない問題なので、その後でカレンダーやるしかない!日数ない!明日ハルマゲドンが来たらいいのに…(オイッ!)

そして、現在ブラックフライデーセールの為に(クリスマスも近いですし)商品を少し増やしている最中ですが、今日の画像はKeep calm and flop onの、これはティータオルです。日本ではティータオルはあんまりなじみがないかもしれません。イギリスに行くとお土産物としてもあちこち置いてあるので私も買いますが…実際にこれどうやって使うの?状態です。普通に台所で拭いたりして使うようですが、でもイラストも様々で可愛いものが多いので私は壁飾り等にしてしまいます。

さて、そんなティータオルをコットンリネンの生地に印刷して、あとは直線縫いだけ!楽勝!のハズが…なにこれすんごい難しい。まだポーチの方がいいよ、作るの…。長い直線を縫うのがこんなに難しいなんて!しかも、コーナーの折れ曲がった所は布が合計6枚重ねになってます。コットンリネン、正確にはコットンリネンキャンバス、結構厚みがあります。6枚重ねです。前知識で厚いものを縫うときはハンマーで叩く等して生地を薄くすると縫いやすいと聞いたので、ハンマーはないがなるべくぺったんこになるようにしました。それでも普段扱うものより全然厚い。ミシンをかけはじめると、案の定「キュイー!」とミシンが苦しんだ音!ぎゃー!と驚き心が乱れた瞬間、ミシンはガタガタ進んでしまい、線は私の乱れた心により若干の曲線を…orz

平常心、無の境地、何事にも動じない禅の精神がミシンかけには必要だよ!!

上手にミシンをかけられるようになるにはまず禅寺で修行しなければいけないのではないか!帰国したら禅寺にいかねば!!

…否!これはアート作品である!制作者の心の乱れも含めて一枚のアートなのである!マックがスマイル0円なら、こちらは乱れた心0円なのである!だから大丈夫…誰かそう言ってください(笑)

しかしながら、実際問題、平常心でミシンをかけても長い直線は線をひいたように真っすぐとした縫い目になってないのです。う〜む、そういえば、前に購入したお裁縫の本でも参考画像の縫った線が真っすぐではなく、プロでもなんで綺麗な直線じゃないのかな?とふと思っていました。ミシンの種類や生地の目の方向とかが関係あるのでしょうか?

では、また今日も頑張ってきます。

 

22/10/2014

ジーンズ用ジッパー

penpouch2

ミシンにも慣れて来たので?キャンバス地で作った生地のポーチには金属ジッパーを使ってみようと、金属ジッパーを物色しました。

しかし、岡本さんから話を聞いていたように、アメリカでは日本のようにハンドクラフト品を調達するには不便すぎる、イイものが見つからないという言葉通り、丁度良い金属ジッパーが見つけられません。やたら歯(エレメントと呼ばれる部分かな?)の大きくてゴツい金属ジッパーばかりだし、またテープの色も黒一色のみの扱いだったり、本当にどうにかして見つけたいのに見つからない。

しかし、これなら良さそうでは?歯も他の金属ジッパーより小さめだし、テープのカラーバリエーションも豊富だしと、上記のジッパーをオンラインで注文。オンラインでの注文の怖さは実物が見られない所です。しかし、届いたジッパーを見るとちょっと歯はゴツいものの、キャンバス地なら負けないだろうと判断。そして、早速キャンバス地の生地でペンポーチを作ってみました。

作っている最中、ジッパーのスライダーの部分に違和感を感じて「??」と思っていたのですが…途中で気がつきました。

これ、ジーンズ用のジッパーだ!!と

ジッパー屋さんのサイトでは「服飾やインテリアなどに」と書いてあったのみで、ジーンズとは一言も書いてませんでしたがな。何がどうでジーンズ用なのかと言うと↓ スライダーを閉じた時にピッタリくっつく事!凄く平べったいです。確かに自分のジーンズのジッパーを見たらスライダーの部分がゴロゴロしてなくて平べったい…知らなかった…。ジッパーのスライダーの構造に違いがあるなんて気がつかなかった〜!何気に凄い気配り。

penpouch1

 

しかし、これ以外このサイズでは金属ジッパー見つけられないので、もうこれはこのジッパーで行きます。他に選択肢がないから仕方があるまい。Lopshopで販売する時には、取りあえずジーンズ用ジッパー使用と断り書き入れますが、金属ジッパーを使ったらキャンバス地のペンポーチが良い具合に映えました。たったジッパー一つでこんなに印象が変わるとは…!

最近お天気が悪くて良い写真が撮れないので、良い写真が撮れ次第、Lopshopに掲載する予定です。

18/07/2014

Keep Calmトートバッグ

20140718-131106.jpg

Keep Calm and Flop Onのデザインをインスタグラムにアップした所「このデザインでTシャツを作って、そこからうさぎに還元したら?買うわよ!」というコメントを頂きました。つまり、このTシャツを販売した売り上げから幾ばくかの金額をうさぎ保護団体に寄付してみてはどうか、というアイデアでした。

うんうん、それは良い。これまでも実はそういううさぎの保護団体にLopshopの売り上げから寄付してみようかなと思った事があります。でも思っただけで実際にはそこから寄付をした事がなかったので、これは良いチャンスかもしれないと思ったわけです。

うむ、しかしなぁ…Tシャツはかなり鬼門というか扱いが大変というか、出来れば作りたくない。まず、各サイズを揃えなくてはいけない。各サイズ揃えるとそれなりにかさばる為、しかるべき保管場所も確保しなくてはいけない、そして保管場所は売り切れるまで延々にそのままとなる…さらにここが問題ですが、実はそんな売れない(笑)

というわけで、Tシャツは私の中では「ないな」という結論。そして、代替案として、トートバッグならいいのでは?と思ったわけです。先日のエントリーも赤いトートバッグが出現して、何やら赤いトートバッグ祭りのようになっていますが、今日の画像のKeep Calmのトートバッグは既に出来上がっている縦長トートバッグを入手して、そこにアイロンプリントしたものです。

20140718-131120.jpg

王冠の所も綺麗にできました。一番小さい●で約1ミリ。 本当にちゃんとくっついているんだろうかと爪で擦ったけど、ちゃんとついてた!

20140718-131130.jpg

そして、出来合いのトートバッグでLopshopのタグが付けられない為、裏にはドメインをプリントしました。

さらにプリントの耐久テスト。洗濯後の様子↓ プリントは剥がれず、ちゃんと付いてました!しかし、トートバッグはTシャツと比べてもそんな洗う頻度は少ない、もしくはほとんど洗わない?ですよね…?

ちなみに、このトートバッグは色落ちします!濡れた状態、白っぽい服装、雨の日の利用はオススメできません。全くできません。さっき、キッチンペーパーを濡らして表面を擦ったら赤くなりました。それだけでも色移りするので危険!洗濯時は他のものと洗わずに手洗い推奨。そして、洗濯後は縦に1.5cm程縮みました。Pre-washedの生地ではありませんでした。20140718-131138.jpg

というわけで、近々撮影してLopshopのショップサイトに掲載します!上述のように、このトートバッグの売り上げからワシントン州のうさぎ保護団体に寄付します。寄付のパーセンテージはまだ材料費等を計算してからにします(笑)

19/06/2014

ごろんちょ考察

keep3まだ昨日の続き、「落ち着いて、取りあえずごろんちょしましょう」をやっています。ちなみに、インスタグラムに昨日のエントリーの画像二点を貼った結果、王冠をかぶったごろんちょの方が勝ちました。勝ちましたというか票が多く入りました。「いいね」押してくださった皆さんどうもありがとうございます。

そして、現在トロント出張中のマダムにも昨日のエントリーの画像二点を見せて、どっちがいいか聞いてみると「王冠の方がいい、ただしごろんちょ感は最初の方が出ている」との指摘。そして、カーチャンにも聞いてみると、カーチャンも王冠の方がいいとの事。

うあぁ〜!!ベリーちゃんは最初のが良いと言うしどうすればいいんだ!(笑)

と思いつつも、王冠の方をもっと「ごろんちょ感」出せばいいのでは?よくよく王冠の方のデザインを半日位眺めていました。そして眺めた結果、ごろんちょ感に欠ける原因がなんとなく分かった気がする。 昨日アップした王冠のうさぎ、王冠を垂直(平行だよ!)に置きたいが為にうさぎの体を20度位左に倒れる感じで傾けたけど、その結果後ろ足が見方によれば地面に着地している感じになっており、なんとなく夢遊病者の様にフラフラとうさぎが歩いているようにも見えなくもない(笑)もしかしたらこれがごろんちょ感に欠ける原因なのでは?それを踏まえて、今日は体の角度を若干変えてみました。それが上の画像↑

昨日のデザインより床にごろんちょしている感じが出たのではなかろうか!? もう一度昨日の画像を貼ります↓ うん、うさぎがまるでつま先立ちで歩く夢遊病者のようだ…(笑) keep2そしてもう一つ、インスタグラムの方のコメントにて「もう片方の耳も描いて、耳が振り乱れている感じも出すと良いのでは」というナイスアイディアを頂きました!たれ耳うさぎのごろんちょの寝姿、もう本当にそれ!耳が自由自在に振り乱れる寝姿をしているんですな(笑)確かにそれが出せれば面白い!と、実際にやってみたのですが、やはり王冠があるのでデザイン的にちょっとうるさい感じになってしまったので泣く泣く諦め…ただ、王冠なしだともの凄くたれ耳のごろんちょ感が出て可愛く出来ました。そちらの方はまた別の場所で使いたいと思います!アイディア、どうもありがとうございました!

王冠なしの振り乱れ(あまり振り乱れてないけど)デザインと、リアル振り乱れ耳のごろんちょデザイン。下の方は振り乱れすぎてうさぎだかなんだか分からないですね(笑) mimi