03/12/2016

カレンダーはじめました

calendar1

昨日、ここのブログが表示されなくなっていて更新できませんでした…!

カレンダーは無事に出来上がって販売開始しています。

今回は初めてiPadで彩色しましたが、紙と違って拡大できるので印刷したら全然見えない部分まで実は細かく描いているんです。なので、Lopshopで販売しているデスクトップカレンダー(CDケースくらいの大きさ)にすると潰れてそんなところが全然見えないと言う💦

少なくともA4サイズ以上じゃないと見えないと思うのですが、マダムからは「今回のイラストで展覧会やったら?ギャラリー調べてみる」と!実際に展覧会できたら面白いですね〜!また、今回はシアトルがテーマで実際にある施設やお店を描きましたが、マダムが「カレンダー12冊買うから!買って、描いた所に全部送るから!」と言い出しています。本当に送るの!?絵にするにあったって勝手に脚色してる部分もあるんですけど!😂

それから、印刷して見たらiPadやMacBookのモニターで見ていたのと違って随分暗くなってしまった絵もあるんです。若干明度を上げたけど、それでも然程効果なく全体的に暗くなったものが。特にシアトル水族館の大型水槽のイラスト

calendar2

このイラストですが、明度を上げても印刷するとどうしても暗くなってしまって😢 この絵も描いている時に結構遊んでて?例えばヒトデ…

calendar3

ヒトデに顔、しかも黒い靴履かせちゃってるよ。これを描いてる時は「ヒトデのこの人感はちょっと異常」と思いながら描いてました。

calendar4

これは主人公たちのアップですが、ふてぶてしい魚を観察する社長とジギー専務。魚は片目で社長を逆観察して、もう片方の目でジギー専務を観察しています。しかし、魚って実際にこう言う風にものを見ることができるのでしょうか?わからん。

この絵を母に見せたら「シアトルの水族館のお魚は地味ね〜」と言われてしまいました。この大型水槽は地元の魚(北の魚)がいるので確かに地味ですな😅

ちなみに、この大型水槽に描いたダイバーさん、マダムに最初に絵を見せた時に「ダイバー、太りすぎてない?アメリカ人だから??」とツッコミが入ったんです。史実に忠実に描いたつもりだったが(実際に水族館で写真を撮ってきたそのダイバーさんを描いた)…太り過ぎに描きすぎた?と不安になって2ミリくらい胴体部分を痩せさせました😂

と言うわけで、当初の予定どおり絵が11月終わりに仕上がって、カレンダーも無事に完成しました。ご希望の方は

orders@lopshop.net

までご連絡ください。ケース付きで$10.00、ケースなし$9.00です。カレンダー1冊ケースありの方で日本までの送料は$6.10ほどです。

19/11/2016

カレンダー、9枚目

westseattle

たった今、カレンダーのイラスト9枚目が仕上がりました。

例年、父から「あ〜惜しいな、これ構図がなんちゃら」だとか「ここはこうした方が良かったな〜」などと後になってダメ出しが出るので、今年は事前に「こんな感じでどう?」と制作中に見てもらっています(笑)

それに昔読んだ本に書いてあった!年を取ってから頼られるのは張り合いが出るって!それも兼ねて頻繁に作業中のイラストを見せる私😂 昨日は、シアトルダウンタウンの対岸から眺める日の出のイラストを描いていたのですが、ふと思いついて海にアザラシを浮かべてみたんです。実際にアザラシの生息地なので描いてもなんら不思議はないのです。まだ社長を描き込む前で、海にアザラシが浮かび、対岸にはダウンタウンのビル群と今昇りつつある太陽を描いた途中経過を父に添付して送信。返信には

「なかなかいいね。ただ、海にうさぎが浮かんでいるなら耳を描くなりしてもっとうさぎらしくしないと」

 

ちょ、待てよ。

それ、うさぎじゃない😂 上の画像のアザラシがうさぎと勘違いされたアザラシです😂

海からひょっこり顔を出して、社長とジギーを至近距離からジーーーーーット見つめる謎のアザラシ。社長は日の出を眺めていますが、ジギーは横目でアザラシのことをジーッと見つめ返しています。しかし、カレンダーにして全景で見た時には、このお方達はかなり小さくなってしまうので、アザラシの表情まで見えなくなってしまうことでしょう😭 というわけで、ここにアップで掲載しました。

さて、残り3枚です。もしかしたら本当に今月末までにできるかも!?

 

 

11/11/2016

来年のカレンダー

pikeplace

現在、来年のカレンダーのイラストを制作しています(↑カレンダーからの一枚)

今回はテーマがシアトル!ネタ切れした時の最後の切り札をとうとう使ってしまいました。

10月から始めて、現在まだ仕上がったイラストは6枚。今回はイラレ上でカラートーンを貼った風ではなく、iPadとApple Pencil、あとプロクリエイトという描画アプリを使って色を塗っています。イラレでカラートーンを貼って仕上げる場合は1枚の絵が仕上がるのに1日、二日かかりませんでした。今回は細部まで細かく描いているので1枚仕上げるのに4日、酷いと5日かかってしまいます。しかし、こんな細部まで描いても実際にカレンダーにした時には見えないんだよなぁと思いつつ、細部まで描き込まないと全体の仕上がりがやっぱり違うので描き込まずにおられません。その前に、こんなに真面目に?細かく描写して描いてるなんて(構図は相変わらず狂ってるけど。笑)中学3年の時以来ですぞ!?

そんなこんなで今回はいつにも増して時間的に余裕がなく、とにかく絵を仕上げることに集中。食事や入浴はとにかく後回し(汚ないやばい)朝起きて社長の世話して速攻で絵にかかります。一日14時間ほどカレンダーに向かう毎日です。大学受験の時以来の頑張りです😂

しかし、実家にいた頃は受験で勉強し続けてても母がご飯作ってくれたり洗濯してくれたりなんでもしてくれたけど…今はマダムしかおらん。マダムはお昼にたまに何か買ってきてくれるけどハンバーガーとかなので本当に栄養とれてないし偏ってるし、正味な話本当に野菜を洗って料理する時間は全然取れません。こんな生活を一ヶ月近く続けていたら、口内炎ができたり唇切れたり、歯茎から血が出たり、最近出てなかった蕁麻疹が出たりと涙目。本当に今は精神力だけでやってます。

しかし、今日は…トイレから戻ってきて急いで続きやらなきゃ!とドサっと正座で座ろうとした時、足の親指の爪がカーペットにひかかって爪の真ん中から外側に完全に折れ曲った風で、さらに爪の下から出血!!爪は割れなかったけど、もうなんか死にそうなほど痛いし、絶対これ指が二倍くらいに腫れるんじゃ、下手したら医者に行かないといけないんじゃないか、でも行ってる時間ないしどうしようと思いつつマダムに相談。

「爪がこんななって出血した、どうしよう(写真添付)」

「何したの?冷やして、俺もこないだやった。多分大丈夫。冷やして!」

本当にやったのか疑問だけど冷やしました。とにかく冷やして作業を続けました。痛みで我慢できない所、Youtubeで聴いていたモリッシーの歌を歌いながら気を紛らわしました。そして小一時間後、痛みが消えた。モリッシーありがとう!私も神を赦したもうた!指も腫れてない、血も止まってるし、普通に歩ける(ちょっと痛いけど)!

ちょ…自分強すぎ?写真を公開したいけどグロいのでさすがに自重。しかし本当に凄い怪我でしたぞ。もしかしたら私って殺されても死なないんじゃないかな?😂

とまぁ、様々な困難?を乗り越えながらカレンダーの作業をしています。

今回のカレンダーのタイトルはEveryday is like Bundayでシアトルで過ごす社長の日々をシアトルの景色を交えて描いています。もちろんこのタイトルはモリッシーのEveryday is like Sundayをもじってます。一枚のカレンダーの中にはこのモリッシーの曲のPVに出てくる女の子とモリッシーも描いてしまいました。カレンダーになるとゴマ粒で分からなくなると思うけど😂

 

カレンダーの方は、今日やっと6枚目が仕上がりましたが、もしかしたら今月末までに仕上がらないかもしれません。本来は12月頭には発送しないと日本に年内に届かないはずなので何がなんでも今月末までには仕上げたいのですが、今回は本当に無理かも?

もしそうなったら、最初の半年分を先に発送して、仕上がり次第残りの後半部分を発送しようと思っています。予約を受け付けていますのでお気軽にご連絡ください

orders@lopshop.net

 

16/08/2016

ロップニカ学習帳

先日、ダイソーにコロコロを買いに行ったんです。コロコロ、床掃除のあれです。店内をぐるっと一回りしていると、ノートのコーナーで可愛い動物柄のノートに目がとまりました。ビニールカバーのかかったしろくまデザインのノート。ノートの構造を見ると、ビニールカバーの内側にしろくまデザインの用紙が挟まれ、その内側に裸のノートが入っているという…よく見ると安普請なノート。←安いから!!(笑)

でも、これってビニールカバーの内側のこのしろくまデザインの紙を取り外したら自分の好きな紙を入れて違うノートが作れるな!!というわけで、早速それを買って帰宅後に好きなデザインを印刷してオリジナルノートにしました。

そこで…やっぱりオリジナルノートを作りたい野望が再び再熱。こちらで一度ノートを作った時はリングノートで表紙がペラペラで品質も悪くて落胆したので、日本の印刷屋さんのサイトを探してみました。

最小部数5冊からでノート部分は絵日記風なんてものを発見!!

絵日記風…上に四角い枠があり、下に縦の罫線があるあの絵日記のノートです。この絵日記風、絵日記でもいいけどアイデアノートにも良さそうなんですよね!上に図解して下に文字で説明という。うわ〜これは作りたい!と料金表を見ると手の届く値段だし、ちょっと作ってみるかとデザインしてみました。ノートの表紙はこれまでのデザインを見て悩んだけど、まずは学習帳!ロップニカ学習帳にしよう!

そして、印刷屋さんのサイトをみると、オリジナルで印刷できる部分は表表紙、裏表紙、表紙の内側と裏表紙の内側。内側も印刷してもらえるなら本当にジャポニカ学習帳の百科の部分も作れるではありませんか。やるしかない(笑)

というわけで、表紙と表紙の内側を作ってみました

enikki_1

enikki_2

ザ・自己満の世界(笑)これはあまりにもプライベート仕様なので自分で使う為に作りますが、出来上がりが楽しみです。というかまだ注文していませんが(笑)

しかし、印刷物に関してはやはり日本が一番ですな。印刷してもらえるもののバラエティも多いし、値段も安い!ただ、実家の母に頼んでシアトルまで送ってもらわねばなりませんが…カーチャン、お願いします🙇

 

17/04/2016

珍しく迅速な会社

前回名刺を印刷したレタープレスですが、今回はLopshopの商品になるものを印刷してみよう!Lopshop7周年記念日は今月29日。まだ間に合うかも!

という事で、すでにデータを作成していたKeep Calm and Flop Onのデザインを版にして、これまた去年から買って準備しておいてあるモレスキンのカイエジャーナル(あのバンドのついた黒い表紙のモレスキンではなく、薄型で紙表紙のメモ帳。カラーバリエーションがあるので色が選べるのも良い)に印刷してみようかと。

そこで、前回そもそも製版をオーダーした所とは別の会社から版が届いたと書きましたが、その「別の会社」であるコンコードなんちゃらという会社に、その夜ダイレクトにコンタクトを取ってみました。

「このデータの製版をお願いしたいのですが、料金並びに送料はいくらでしょう?」

翌朝、もう返信が届きました。

「製版にいくらで、送料はいくらです。このデータは既にネガ加工してありますか?すぐご返事いただければ今日製版できますよ。製版に使うプレートはどれにしますか?」

早速返信して、その日の午後にはUPS(配送会社)から発送&追跡のメールが!

すごい!最初のメールを送信してから12時間以内で全てが完了してしまった…みなさん、アメリカで信じられない事が起こりましたぞ?(笑)とにかく、いい会社を発見できました。

とまぁ、問い合わせメールから版の発送までは早かったのですが、会社は東海岸だしウチは西海岸。一番安い送料を選んだので届くのは一週間後です。それでも29日の一週間前だから7周年には間に合いそうです。

18/03/2016

名刺ができたようなできないような

Laptop Shop Card

さて、とうとうLopshopの名刺が完成!!と言いたいところですが、カードの断裁面(小口)の色つけでなんだか沢山失敗しました。難しい!カードを束ねて小口面に色をつけるのですが、なんせこのカード、このサイズにカットしてくれるお店がなくて自分で一枚一枚手作業でカットしました。ぴったりに切っているつもりでもやはり手作業。何ミクロン単位?でサイズが違うし、カットの断面も微妙に斜めになっている!それを束ねて小口の部分に色を塗ろうとしても上手に塗れないのって当たり前かも…?ぐぬぬ…

でも、この部分に色がないとカードが締まらない…(泣)ちなみに、画像のものは中でも綺麗に塗れたものです。失敗したものは印刷面にも大々的に(笑)小口に塗ったインクがはみ出てしまってとんでもないことになってます。

先日買った本には、マジックを使う方法や小さいスタンプインクでポンポンと色を乗せる方法が載っていました。それで再挑戦してみようかな…。

ただ、アダナでの印刷方法はわかってきた気がします。

初回、全力でプレスしたら裏面にも凹みとインクが裏移りして云々と書きましたが、マダムに話したらレタープレスの圧力の調整するところをいじってみればと。

…そんな調整する部分があったんかい!(笑)

確かに本体の裏側に4つのつまみが付いていて、そこを出したり引っ込めたりして何度か試してみたらちゃんと裏に響かないよう印刷することができました。ただ、凹みはほんのりになってしまったけど。

しかし、なんだかんだと淵の色付けに失敗したりしましたが楽しいです。名刺カードの小口色付け問題が解決すれば最高です。

16/03/2016

版が届いた〜!

紆余曲折あって、何やら知らない会社から名刺の版が到着しました。無事に到着しました、私が注文した会社からじゃなかったけど。中を開けたらかなりペラッペラのハサミでカットできる版が出てきて、しょうみな話こんなので大丈夫なんだろうかと心配になりました←自分で作ろうと思っていたレタープレスの樹脂版はアルミニウムが裏に張り付いたしっかりしたものだったので…(笑)

lp_1

これが届いた版です。表面と裏面が一枚となって届きましたが、これを撮影した時はハサミで二つにカットした後です。紙の方は製版してくれた会社が試し刷りしたものです。

lp_2

さて、実際にプリントしてみようではないか!!

青系の色をテケトーに作り(本当はちゃんとパントーンの色見本表から選んだ色と同じ色を作ってやらないと後で同じ色作れなくなっちゃうけど…)、円盤の部分に色をのせて手前のレバーを動かしてローラーを円盤の上でグルグル動かして満遍なく色を広げます。

lp_3

これは名刺の裏面の版です。さて、これをどうやって位置合わせするんだ?まぁテケトーでいいか。

lp_4

とりあえずどうでもいい紙に印刷して、トンボを頼りに用紙を置く位置を合わせしました。本当はどうやるの?(笑)そこに名刺用の紙をセットしてガッチャン。

lp_5

できたよ、できた!!レタープレスのあの凹み加減もいい感じに出た!楽しい〜これはイイ!

lp_6

がーん…ひっくり返したら裏までこんな。全力でガッチャンしたら凹みが綺麗に出たけどこれじゃダメじゃないの(涙目)名刺は両面印刷なのでこれじゃダメだ…。

というわけで、今日はここまでです。この後自分的に40%の力加減で印刷して現在乾燥させています。明日は表面をやってみます。

結論、レタープレスは予想以上に面白いです!ただ、終わった後のインクの掃除が倍大変です!

08/03/2016

またもや同じデザインのうさぎが…なんでなの

以前、ここでこんなエントリーをしていたのですが

http://lop.motd.org/?p=15140

今日、インスタでまたこのマイデザインのうさぎ…丸くコロンとデフォルメした体型のこのうさぎデザイン…を思わぬところで発見してしまいました。

その方は、動画の表紙にこのたれ耳うさぎの方のシルエットを使用されていたのですが、どこからどう見ても私のデザインしたたれ耳うさぎなんです。あまりにもまんまなので、失礼とは思いつつも投稿した方に「このたれ耳うさぎのシルエットはフリー素材か素材集などに入っていたのでしょうか?」と質問してみました。

もしどこかの企業が素材集に私のデザインを了承なく使用していたら…!と思ったからです。

返信にはネットのフリー素材集から持ってきたはずだけどどこからかわからなくなってしまったとの回答。

ふむ、こういうのってどうすればいいんだろう。

言葉でごちゃごちゃ書いても仕方がないので、本当に私のデザインかどうか確認する為にその方が使われていた画像を拝借して、自分のデータと合わせてみました。

mybunny1

貼った方にご迷惑がかからないように自分のうさぎらしき画像だけが見えるようにしています。右端のうさぎが、その方が使われていたたれ耳うさぎのシルエットです。

私のデータは、解りやすいようにピンクのラインで表示させてあります。

mybunny2

では、ピンクのライン状にした私のうさぎのサイズをその方のうさぎのサイズに合わせて重ねてみます。

ふむ、ぴったり。鼻のところが微妙に盛り上がってるのもぴったり合います。ただ違うのは耳の位置。私のうさぎの耳よりも若干左に寄っています。

mybunny3

 

私のうさぎの耳をカーソル二つ分並行移動させたらぴったり合いました。

耳の形状もぴったり同じ。

しかし、謎なのは…

私はこのデザインをレーザーカットしたものでしかこれまでアップしてないんです。これ↓が2011年にFlickrにアップした画像で、恐らくこれが初めてこのデザインの画像を上げた時だと思う。

wooden bunnies

レーザーカットの木片の画像をトレースしようと思ってもあんな微妙に盛り上がった鼻の部分まで完璧に再現できると思えないんですよね。もしかしたらいつかどこかでデータをアップしてたのかなぁ。このレーザーカットをオーダーしたのが2011年1月なので、デザイン自体は2010年だと思います。さすがに5、6年前に何をどうやっていたかまでは記憶にございません…。まぁ、ここでもオリジナルのデータ画像をアップしちゃったから、これをトレースされたら終わりという(笑)

でも、一番大事なのは、これは私がデザインしたという事です。じゃないと本当にこのデザイン、私自身が使いづらくなってしまう…←「どこかでこれ見たぞ。この人パクったんじゃね!?」と私が言われる可能性を考えて…さすがにデザインが流用されているのを何もしないでいると自分に不利益がふりかかってしまう!

それを避ける為に声高にこれは私のデザインです、とここで言っておきます(威風堂々)

名刺の版、その後

さて、前回、名刺の製版をたのんだ所が勝手に私のオーダーをキャンセル扱いにしていて詐欺だったんじゃないか?で終わっていたと思います。

その後ですが、最初にショップのコンタクトページを利用してメールを出したのが先週の土曜日。すぐ返信がなくても週末だから仕方がないと思いつつ、月曜日の夜になっても返信がありませんでした。

だんだん不安になる私…

もしかしたらお金を支払うのに使ったPayPalをチェックしたら返金になっているかも!?と、PayPalをチェック。しかし返金はされていません。

そこで、マダムが

「このPayPalで支払った時の受取人のメアドに先日送ったメールの内容をそのまま送ってみれば?」

その受取人の名前は製版ショップのCEOのメアドでした。早速メールを送信して、その後、そのショップのインスタグラム、ツイッター、FaceBookを調べてみると

どれも最新の更新が数年前!!大丈夫なんだろうか!?これだけ色々アカウント持ってても一つも使われてないって…

このショップのCEOはおろか、従業員すべて亡くなってしまったのだろうか…!!

しかしこれ、Lopshopにも言える事ですぞ。もし私が死んだらサイトがそのまま残ってしまって、私が死んだ事を知らないお客様は普通に購入手続きをとってお金を支払って延々商品が届かない事態が発生してしまう…。こういう場合、オンラインショップってどうなるの?(笑)人間が死んだらサイトも消えないと!!(笑)

 

とまぁ、話は脱線しましたが、実は今朝(火曜日)そのショップのCEOから返信がきました!

「お問い合わせありがとうございます。なんでキャンセル扱いになってしまっているのかさっぱり私にもわかりません」

私の方が色々なんだかわかんないよ(笑)

でも、とりあえず生きていた事に安心しました。製版したらまたメールくれるのかな〜。今日返信来たから製版できるのに一週間位は待たないとダメなんだろうなぁとのんびり構える事にしました。

しかし、先ほどUPS(配送会社)から「お荷物追跡」メールが来たんです。私の本メールはスパムが実に多くて、実際の会社やらお店を語ったスパムも多いので、最近特に名刺の製版以外注文していなかった私は、その配送会社からの「お荷物追跡」メールもスパムだろうと思ったのです。しかも、そのお荷物の差出人は全然見た事もきいた事もない会社の名前が書いて有ります。

でも、もう一度UPSのメールをよくよく見てみると、私の名前も住所も正確に記載されていてスパムにしては様子がおかしい。んん??と思いつつ、その見た事もきいた事もない会社の名前で検索してみると、レタープレスの製版をしているらしき会社のサイトが出てきました!

もしかして私の名刺の版!?

私が注文したのはOLDなんちゃらというバージニア州にあるショップ。でも、版の差出人はコンコードなんちゃらというニューハンプシャー州にある会社。

なんなんでしょう?恐らく名刺の版が届くんだとは思うけど(他にないし…)なんだか何もかもがめちゃらくちゃらで狼狽。

取りあえず、キャンセル扱いに勝手にしちゃってた事でCEOは速攻で製版を外注したのでしょうか…!?1日で版をあげてくれたのはすごいけど…良くわからないけども、本当に良くわからないけど、もし次の製版を頼みたい時はどうしよう←目下の悩み(笑)

なんだか本当に良くわからないけど…名刺の版は来るものかと思われます…?(笑)

在米の人って皆私のようにトラブルだらけなのかな?それとも私が特殊なのでしょうかね??

05/03/2016

レタープレス

さて…

adana 8x5

このアダナのレタープレス機。覚えている方はおられるでしょうか。ちょうど1年位前に入手したものであります。わざわざイギリスのキャスロンさんにオーダーして、リファービッシュしてもらって送ってもらったものですな。

まず最初にLopshopの名刺を刷ろう!と意気込んで、必要な道具類を揃えてみました。ポリマープレートにネガ原稿を乗せて太陽光で露光させるという方法。しかし、まず買ったポリマープレートが失敗。一枚70センチx40センチのプレートが10枚位入ったものを数万円で買ったのです。

しかし、背面がアルミニウム板がついている。
どうやって原稿のサイズにカットするの?

マダムが超巨大なハサミを日曜大工のお店から買ってきてくれて、それでジョキジョキとカットしました(笑)フチが曲がっちゃうんですよね、どうしても。で、検索してみると…版下制作の専門屋さんとかでは特殊なカッターを使っているわけです。プレートが曲がらないように。特殊カッターはそれだけで大きいし、値段も高価だし!!買えない。という事はこのポリマープレート無駄だったんじゃない?どうする…

その間にカレンダーの制作時期に入ってしまって、レタープレスは一旦放置

という状況になっていました。
というわけで、我輩が買ったポリマープレート、自宅で扱うには無理だろうときっぱりと諦め、時間に余裕の出た今、改めて製版してくれるショップを探しました。一軒は最低オーダー面積が50センチ角だとかで、まだそんなにネタができてない私には無理!
しかも初めてプレスする事になるし、とりあえずは様子見で名刺の版だけを作りたい!

というわけで、一軒ちょうど良いところを見つけました。そこはちゃんと原稿の作り方も動画で見せてくれてわかりやすかったです。そして、原稿をオンラインで入稿して、送料を選びます。

翌日配達の航空便 $65

いや、翌日配達じゃなくて全然いいんだけど、名刺サイズのプレートなんて小さいもので航空便の値段が$65!!吹いた!(笑)そこいくと…日本の配達って本当にすごい。いや、単にすごいだけじゃなくてもはやクレイジー!(笑)日本のショップでは最近、買ったその日に配達便なんてのも確かありますよね?しかも送料無料?クレイジー!何をそんな生き急いで!!

というわけで、まぁ普通に一番安いノロノロ配達を選びましたが…さて、いつ版が仕上がって届くのやら。しかも届いた版、ちゃんと扱えるのだろうか。
そもそも基本的な紙の位置合わせとかもよく分かってないし、基本的な印刷を知ろうとして日本から活版印刷の本を取り寄せたら、単なる活版印刷作品集みたいなものだったし。困ったな〜印刷できるかな〜。今からドキドキしています。

とりあえず、名刺が刷れたら次からはLopshopのデザインの版下制作を頼んで行く予定です!

…と思って、そういえば名刺の版をオーダーしたショップからオーダー受理メールが届いてないなぁ…とそのサイトの自分のアカウントを確認したら、なぜか私のオーダーがキャンセル扱いになっていました!!なんでなの?私、キャンセルしてないし。そもそもすでにPaypalで払ったお金は引き落とされてるわ返金にもなってないわ。

詐欺?詐欺なの?なんでいつもトラブルがあるのでしょうか…トホホ。とりあえず、コンタクトのページから何故キャンセルになっているのか問い合わせています。3日にオーダーして今日5日。これで既に2日のロスだよ…(涙目)