03/12/2016

カレンダーはじめました

calendar1

昨日、ここのブログが表示されなくなっていて更新できませんでした…!

カレンダーは無事に出来上がって販売開始しています。

今回は初めてiPadで彩色しましたが、紙と違って拡大できるので印刷したら全然見えない部分まで実は細かく描いているんです。なので、Lopshopで販売しているデスクトップカレンダー(CDケースくらいの大きさ)にすると潰れてそんなところが全然見えないと言う💦

少なくともA4サイズ以上じゃないと見えないと思うのですが、マダムからは「今回のイラストで展覧会やったら?ギャラリー調べてみる」と!実際に展覧会できたら面白いですね〜!また、今回はシアトルがテーマで実際にある施設やお店を描きましたが、マダムが「カレンダー12冊買うから!買って、描いた所に全部送るから!」と言い出しています。本当に送るの!?絵にするにあったって勝手に脚色してる部分もあるんですけど!😂

それから、印刷して見たらiPadやMacBookのモニターで見ていたのと違って随分暗くなってしまった絵もあるんです。若干明度を上げたけど、それでも然程効果なく全体的に暗くなったものが。特にシアトル水族館の大型水槽のイラスト

calendar2

このイラストですが、明度を上げても印刷するとどうしても暗くなってしまって😢 この絵も描いている時に結構遊んでて?例えばヒトデ…

calendar3

ヒトデに顔、しかも黒い靴履かせちゃってるよ。これを描いてる時は「ヒトデのこの人感はちょっと異常」と思いながら描いてました。

calendar4

これは主人公たちのアップですが、ふてぶてしい魚を観察する社長とジギー専務。魚は片目で社長を逆観察して、もう片方の目でジギー専務を観察しています。しかし、魚って実際にこう言う風にものを見ることができるのでしょうか?わからん。

この絵を母に見せたら「シアトルの水族館のお魚は地味ね〜」と言われてしまいました。この大型水槽は地元の魚(北の魚)がいるので確かに地味ですな😅

ちなみに、この大型水槽に描いたダイバーさん、マダムに最初に絵を見せた時に「ダイバー、太りすぎてない?アメリカ人だから??」とツッコミが入ったんです。史実に忠実に描いたつもりだったが(実際に水族館で写真を撮ってきたそのダイバーさんを描いた)…太り過ぎに描きすぎた?と不安になって2ミリくらい胴体部分を痩せさせました😂

と言うわけで、当初の予定どおり絵が11月終わりに仕上がって、カレンダーも無事に完成しました。ご希望の方は

orders@lopshop.net

までご連絡ください。ケース付きで$10.00、ケースなし$9.00です。カレンダー1冊ケースありの方で日本までの送料は$6.10ほどです。

19/11/2016

カレンダー、9枚目

westseattle

たった今、カレンダーのイラスト9枚目が仕上がりました。

例年、父から「あ〜惜しいな、これ構図がなんちゃら」だとか「ここはこうした方が良かったな〜」などと後になってダメ出しが出るので、今年は事前に「こんな感じでどう?」と制作中に見てもらっています(笑)

それに昔読んだ本に書いてあった!年を取ってから頼られるのは張り合いが出るって!それも兼ねて頻繁に作業中のイラストを見せる私😂 昨日は、シアトルダウンタウンの対岸から眺める日の出のイラストを描いていたのですが、ふと思いついて海にアザラシを浮かべてみたんです。実際にアザラシの生息地なので描いてもなんら不思議はないのです。まだ社長を描き込む前で、海にアザラシが浮かび、対岸にはダウンタウンのビル群と今昇りつつある太陽を描いた途中経過を父に添付して送信。返信には

「なかなかいいね。ただ、海にうさぎが浮かんでいるなら耳を描くなりしてもっとうさぎらしくしないと」

 

ちょ、待てよ。

それ、うさぎじゃない😂 上の画像のアザラシがうさぎと勘違いされたアザラシです😂

海からひょっこり顔を出して、社長とジギーを至近距離からジーーーーーット見つめる謎のアザラシ。社長は日の出を眺めていますが、ジギーは横目でアザラシのことをジーッと見つめ返しています。しかし、カレンダーにして全景で見た時には、このお方達はかなり小さくなってしまうので、アザラシの表情まで見えなくなってしまうことでしょう😭 というわけで、ここにアップで掲載しました。

さて、残り3枚です。もしかしたら本当に今月末までにできるかも!?

 

 

11/11/2016

来年のカレンダー

pikeplace

現在、来年のカレンダーのイラストを制作しています(↑カレンダーからの一枚)

今回はテーマがシアトル!ネタ切れした時の最後の切り札をとうとう使ってしまいました。

10月から始めて、現在まだ仕上がったイラストは6枚。今回はイラレ上でカラートーンを貼った風ではなく、iPadとApple Pencil、あとプロクリエイトという描画アプリを使って色を塗っています。イラレでカラートーンを貼って仕上げる場合は1枚の絵が仕上がるのに1日、二日かかりませんでした。今回は細部まで細かく描いているので1枚仕上げるのに4日、酷いと5日かかってしまいます。しかし、こんな細部まで描いても実際にカレンダーにした時には見えないんだよなぁと思いつつ、細部まで描き込まないと全体の仕上がりがやっぱり違うので描き込まずにおられません。その前に、こんなに真面目に?細かく描写して描いてるなんて(構図は相変わらず狂ってるけど。笑)中学3年の時以来ですぞ!?

そんなこんなで今回はいつにも増して時間的に余裕がなく、とにかく絵を仕上げることに集中。食事や入浴はとにかく後回し(汚ないやばい)朝起きて社長の世話して速攻で絵にかかります。一日14時間ほどカレンダーに向かう毎日です。大学受験の時以来の頑張りです😂

しかし、実家にいた頃は受験で勉強し続けてても母がご飯作ってくれたり洗濯してくれたりなんでもしてくれたけど…今はマダムしかおらん。マダムはお昼にたまに何か買ってきてくれるけどハンバーガーとかなので本当に栄養とれてないし偏ってるし、正味な話本当に野菜を洗って料理する時間は全然取れません。こんな生活を一ヶ月近く続けていたら、口内炎ができたり唇切れたり、歯茎から血が出たり、最近出てなかった蕁麻疹が出たりと涙目。本当に今は精神力だけでやってます。

しかし、今日は…トイレから戻ってきて急いで続きやらなきゃ!とドサっと正座で座ろうとした時、足の親指の爪がカーペットにひかかって爪の真ん中から外側に完全に折れ曲った風で、さらに爪の下から出血!!爪は割れなかったけど、もうなんか死にそうなほど痛いし、絶対これ指が二倍くらいに腫れるんじゃ、下手したら医者に行かないといけないんじゃないか、でも行ってる時間ないしどうしようと思いつつマダムに相談。

「爪がこんななって出血した、どうしよう(写真添付)」

「何したの?冷やして、俺もこないだやった。多分大丈夫。冷やして!」

本当にやったのか疑問だけど冷やしました。とにかく冷やして作業を続けました。痛みで我慢できない所、Youtubeで聴いていたモリッシーの歌を歌いながら気を紛らわしました。そして小一時間後、痛みが消えた。モリッシーありがとう!私も神を赦したもうた!指も腫れてない、血も止まってるし、普通に歩ける(ちょっと痛いけど)!

ちょ…自分強すぎ?写真を公開したいけどグロいのでさすがに自重。しかし本当に凄い怪我でしたぞ。もしかしたら私って殺されても死なないんじゃないかな?😂

とまぁ、様々な困難?を乗り越えながらカレンダーの作業をしています。

今回のカレンダーのタイトルはEveryday is like Bundayでシアトルで過ごす社長の日々をシアトルの景色を交えて描いています。もちろんこのタイトルはモリッシーのEveryday is like Sundayをもじってます。一枚のカレンダーの中にはこのモリッシーの曲のPVに出てくる女の子とモリッシーも描いてしまいました。カレンダーになるとゴマ粒で分からなくなると思うけど😂

 

カレンダーの方は、今日やっと6枚目が仕上がりましたが、もしかしたら今月末までに仕上がらないかもしれません。本来は12月頭には発送しないと日本に年内に届かないはずなので何がなんでも今月末までには仕上げたいのですが、今回は本当に無理かも?

もしそうなったら、最初の半年分を先に発送して、仕上がり次第残りの後半部分を発送しようと思っています。予約を受け付けていますのでお気軽にご連絡ください

orders@lopshop.net

 

04/12/2015

カレンダー完成!

IMG_4155

 

やっとカレンダーが完成しまして、1日から販売を開始しています。

絵が完成した後、様々な不運に見舞われまして最終的には新しいレーザープリンターを購入したという所まで書いたと思います。ユタ州からは5日程で届きました。よかったー!2週間とかかからなくて!

そして、早速プリントしてみてその美しさに驚きました。色が思い通りに出てるではないか〜。↑の画像は、上が壊れたレーザーで出力したもの、下が新しいレーザーで出力したもの。新しいプリンターはOKIのレーザープリンターです。色が綺麗に出てるし、線もちゃんと出てるし、なんか本物みたい。←本物ってなんだ?(笑)真面目な話、やっと納得いくものが出来ました。しょうみな話、去年キンコーズで出力したものよりも解像度が高くて綺麗だよ…。これからもOKIさんについていきます!

というわけで、無事にカレンダーも完成しました。

そして、インクジェットのプリンターの方ですが…高画質で印刷できなくておかしいと思ったら、こっちもこっちで本当に壊れてしまったようです。インクジェットの方はWI-FIが使えるので普段から郵送ラベルなどの印刷に便利に使っていたのですが…もう今では何度もエラーを起こしながらだましだまし郵送ラベルを印刷しているという状態…。なんでこんな次々とプリンターだけおかしくなるの?プリンターに呪われてるの?(笑)

さて、2016年度のカレンダーですが…父曰く「これまでで一番いいカレンダーじゃない」との事でしたぞ。いつもダメだしばかりなのに初めて褒められたよ!!(笑)とはいえ、細々と「ここはこうならないと変でしょ」と、仕上がった後であちこち構図のダメだしは出ました。はい、自分でも「これはどう見てもおかしかったわ〜(描いている時は意外にわからない)」という部分は沢山あります。でも構図は大切な要素ではない!もっと心の目でカレンダーのイラストを楽しんでくれ、考えるな、感じろ!と言い訳(笑)

というわけで、現在はカレンダーをプリントしてはカット、そして発送作業に邁進中です。まだクリスマス前で郵便局は混雑しておりませんので、お買い上げ頂くなら今のうちですぞ〜!メールでも受け付けておりますので是非ご連絡ください。今年は一冊$10.00(ケース付き)です。

orders@lopshop.net

ふぅ〜来年はもっと早くに仕上げよう…←毎年思っているんですけれどもねぇ〜

25/11/2015

プリンターの悩み

FullSizeRender 2

昨日、用紙を購入してきましてやっとカレンダーの見本一冊作るか!とレーザープリンターで印刷を始めました。順調に印刷できていたのですが、途中から何か紙の端っこにちょこっと黒い筋が出るようになって、さらに印刷を進めるとどんどん太く濃い汚れが!!なんです、これ!?

このレーザープリンターは元々3年ほど前に購入したプリンターですが、マダムがトナーをケチってEbayからあの国の格安トナーを購入して使ったら壊れてしまったんです、本当に。買って半年位で壊してしまったという曰く付きのプリンター。その後2年ほど放置し、最近になって突然マダムがプリンター直せるかもといじくってまた稼働するように…。しかし、やっぱり完全に直ってなかったようで、内部を開けて黒いローラーをティッシュで拭くと真っ黒だし、中の何か人がいじってはいけないような透明フィルムも黒くなってるし、なんかも〜無理。

オワタ…オワタよ…

ならば、インクジェットで印刷するしかないなと、今度はインクジェットで印刷。しようと思ったら、なぜか前日に高画質設定で印刷できたはずなのに高画質の設定画面が出てこない。なんで?あれ??

前日に高画質設定で印刷したインクジェットの印刷↓

FullSizeRender 3

線が綺麗に出ています。ドット感もないです。

昨晩印刷したもの↓

FullSizeRender 4

線がギザっててDollhouseのカラーの部分はドット感にあふれてて汚いです。

確かプリンターのタッチパネルで高画質設定が出てきたはずなんだけどなぁ…。ちなみに、イラストレーターのプリント設定ではどちらも高画質の設定になっています。一つ考えられるのは、前回高画質で印刷した時には新しいMacBook Proで印刷したこと。昨晩は古いMacBook(OSも古い)で印刷したこと。しかし、使用パソコンの違いでプリンターの設定画面が変わるなんてことあるのでしょうか。なんかも〜本当によく分からなくなって、プリンターの闇が深すぎてどうしていいかわからなくなって号泣してしまいました(笑)

※なんで古い方から出力したかというと、新しいMacBook Proの方でイラストレーターが使えなくなってしまったからです。CS4を使っていますが、新しいMacBook Proにインストールしたらシリアルナンバーが無効となってしまって、とりあえず30日間だけAdobeのお情けで使えてたのが切れてしまったからです。なんかも〜本当にどうしていいのかわからなくて号泣してしまいました(笑)

そこでだ、もうウチのレーザープリンターは廃盤商品だし、これを修理(←マダムじゃなくて本職の人)してもらっても絶対無理そう、というか修理代が高そうと思ったので新しいレーザープリンターを買うことにしました。色々調べてアメリカでもOkiのプリンターが買える、しかもシアトルにもあるオフィス用品の大型チェーン店でも取り扱いがあり、オンライン注文後に実店舗に受け取りも可能ということで配送の日にちも節約できる。買った!これ買った!

と思ったら、シアトルの店舗には在庫がなかった…

なんかも〜本当にシアトルやだ〜。これは神様からもうカレンダーは作るなって言われてるってこと?

どちらにしてもレーザープリンターは必要なので、マダムが他の所を探して結局ユタ州から配送してもらう事になっちゃった。ユタ州ってどこ?どこなの?ワシントン州からどれだけ離れてるの?また配送に一ヶ月とかかかったら…そうなったらもう全てを投げうってどっか放浪の旅に出ます…出たい(笑)

まぁ、その前にMacBook Proのイラレを使えるようにして(使えるようになるのかわからないけど)、MacBook Proからインクジェットでの印刷に再挑戦してみましょう。

※今年は出力センターを使う予定はありません。あれは出力費用が高すぎて無理です(涙目)

23/11/2015

紙の悩み

FullSizeRender

 

昨日、やっとカレンダーと絵を組む作業が終わって、印刷してみました。用紙は毎年使っているイタリアの用紙を使用して、2年ぶりに使えるようになったレーザープリンターで出力です。去年はプリンターが故障していたのでキンコーズで出力しましたが、これが本当にお金かかってカレンダーの代金を途中で変更する事になってしまってみなさんにご迷惑をおかけしました。

さて、今年は自宅で出力ができるぞ!と出力してみると…

↑こんな刷り上がり…うあぁ〜ダメだこれ!!表面がボコボコしているのでインクが乗らない!キンコーズではインクが結構しっかり乗っててちょこっと色抜けの部分はあったけど自分的に許容範囲内。しかし、やはりキンコーズで使うようなパワーのあるレーザープリンターと自宅用の小さいレーザーって違うんですな。これじゃ売り物にならないだろう(笑)

そして、何の気なしに部屋で探し物をしていると2013年のカレンダーが出てきたんです。色はアクセント程度に単色をぽつぽつと薄く乗せているだけ。あとは鉛筆の質感を出るようにしている…そうだ、元々こういう鉛筆の持ち味を生かして色も控えめにしたかったからこのイタリアの紙を買ったんだった!←初心を思い出した瞬間。

去年も割と満遍なく色を付けたけど、来年度のカレンダーは去年に輪をかけて全体的に配色しています。つまり、用紙のイラスト部分ほぼ印刷。という事は、用紙の持ち味よりもいかにインクが紙に乗るかの方が大事じゃないかい(笑)

とはいえ、とりあえず去年イタリアの用紙は大量に注文してしまっていて在庫が沢山あるので、なんとか使えないかと今度はインクジェットのプリンターで出力。

…高画質での出力で一枚につき20分位かかる!(笑)

印刷自体はできました。インクジェットなのでボコボコの紙の表面でもインクは乗ってるけど、線がくっきり印刷されてないので絵の全体がぽやぁ〜っとしてしまっています。うーん、これでいいかな。レーザーでの出力と比べると天と地の差だけど、でも絵がぽやぁ〜っとしてるのも納得いかないなぁ…

というわけで、時間がないのですが用紙を探す旅に出てきました。以前、レタープレスの紙を探すので見つけたケリーペーパーという用紙専門店です↓

IMG_4037

 

インダストリアル地区の倉庫街にココはあります。普段はおそらくオンライン注文が入った際などに出荷する為の倉庫なんだと思います。ただ、一般人がふらっとやってきて購入もできます。ダダーっと並んだ棚からある程度の厚みのある用紙でナチュラル系統の用紙を2種類見つけました。表面はスムースなものとフェルトっぽいもの。アメリカ製の用紙です。ここでは用紙一枚からでも購入できます。今回私が購入した厚みのある紙は一枚30セントで買えます。もしかしたらサンプルくださいと言えば無料でくれるかもしれません。

IMG_4041

 

↑右側の紙がフェルト的な表面のもの。左はかなりスムースなツルツルした手触りの用紙です。

IMG_4047

 

フェルトとは言えイタリアの用紙よりもボコボコ感はないのでイケるか!?と思いきや、うーんやっぱりフェルトな表面だと色がきちんと乗ってないけど悪くはない、と思う。…ちょっと色の薄い版画風とか色鉛筆での彩色っぽい。

IMG_4046

 

↑スムースな表面のもの。これは…!キター!!色がちゃんと乗ってます。ただ、なんか面白みに欠けるかも(笑)色の出方は全体的にグレーっぽいのですが、普通のコピー用紙で校正の為に出力した際にもグレーが強く(青が強く)出て何度か色校正してもダメだったので、このレーザープリンターの個性でしょうか。(インクジェットの方が思った色が出てる。笑)

というわけで、改めて用紙を買いに行く予定です。

21/11/2015

目が潰れるかと思った

calendar

やっとカレンダーのイラストが12枚描き上がりました。

ふぅ〜目が潰れるかと思った←毎年言ってる(笑)

毎年、カレンダーの制作が思うようにいかなくて、両親とはこんなやりとりをしています。

12月ごろの親「今のうちに来年のカレンダー考えておけば?」
私「う〜ん?」

春先の親「カレンダーのアイデアは出たの?」
私「まだだよ。そんなすぐにアイデアが出たら苦労しないよ」

初夏の親「もうそろそろ始めないと」
私「そう言われても出ないものは出ないんだから仕方ないよね、ハハッ」

夏の親「カレンダー、大丈夫?」
私「あ〜やらないといけないんだけどね〜アイデアはなんとなくおぼろげに出てるんだけどね〜まだ大丈夫」

秋の親「もう、本当にやらないと間に合わないでしょう!!」
私「ちょっと頑張ってみる。本気出したらすごいから」→うわぁ〜アイデア出ない!!アイデア出ない!!!

という事を毎年繰り返し繰り返し、アホのように繰り返しているかなり難産なカレンダーです(笑)今年も本当にどうしようと思いつつ、たまたまドールハウスに興味津々でしかもカレンダーを始める直前にクイーンメアリーのドールハウスなんてものを知ってしまって連日クイーンメアリーのドールハウスの画像を検索しては眺めていたんです(笑)

Queen Mary’s Doll house

私の場合は興味持ったものしか描けないようなので(笑)来年のカレンダーのテーマは自動的にドールハウスという流れに。しかし、さすがに室内を描かないとならないので細かい!去年は割とアイデアが出てから絵を描くのに時間はかかりませんでしたが、今回はアイデアが出てから絵の仕上がりまで一ヶ月半かかってしまいました…

イラストと暦を組む作業をしていますが、実際に印刷してみると色の出方がまた気に食わなかったりしてやり直して、あと何日かは完成までかかりそうです。仕上がったらまたおしらせします。

06/12/2014

商売不向き人間

いやぁ…前から常々思っていたのですが

 

私は本当に商売向きの人間ではありません(断言)

もう、Lopshopの値段の付け方とか経営は誰かにまかせてただひたすら制作に没頭したいです(笑)今日はもう心が折れ曲がってしまってドッとこれまでの疲労が出て良くわからなくなっていますが、何が起きたかと言うと、カレンダーのデータを出力しに行ったら、請求金額が予想の遥か彼方を上回っており、帰宅して用紙やらケースやらカレンダーにまつわる諸経費を泪目になって算出した結果、カレンダー一つ作るのにすでに$12もかかっていたんです(笑)$12って言ったら販売価格だよ(笑)

カレンダーを作るのにご飯もろくに摂取せずに頑張ってプロフィットがゼロ!命を削って(←おおげさに言ってみました。笑)作っても、利益ゼロというかお支払いに使用してもらうPayPalの手数料なんかを考えたら(受け取り時に手数料がマイナスされるので、実質受取人が手数料を払う形)マイナスになってしまう(泪目)

というわけで、さすがにLopshopはボランティアではないので、今更ですが価格を改定させていただきました。ケースありの場合$17、ケースなしで$15です。ケースありの場合だと郵送時にケースが割れないようにプチプチに包んだりするので、その分も見込んでケースなしと差をつけています。これでやっと自分の懐には一つ売れると$5程(PayPalの手数料が引かれるから5ドルくっきりではないのだ)です。う〜ん、カレンダーはアイデアの段階からプリント後のカット作業まであれこれと工程や作業がひと際多く、手間がかかるのですが、果たしてそれに見合う対価なのか?と自問自答すると

ちょっとなぁ〜あはは〜

 

と、しょうじき思います(笑)万が一来年も続けるとすると、例えば紙を安いものに変えるとか、値段を新たに設定し直すとか、何かしら変えないといけないのでしょうな。というか、ふと思ったのですが、去年までのカレンダー一組の値段$10って絶対マイナスだったと思う(笑)今回は出力センターで出力代がはっきりくっきり目に見えてしまってハッ!!!としたけど、去年まで自宅のプリンターで印刷してた時はインク代の事考えてなかったわ〜忘れてたわ〜!(←マダムがインクを買って来ていましたし)あははははははは!…あ〜今回も出力代が私の目に映らなかったら幸せだったのに…幸せだったのに…支払う直前まで私は幸せな人間だったのに…(笑)

取りあえず、カレンダーカット作業に戻りまする…

04/12/2014

ロッペングリン

10月終わりから忙しさが加速してろくすっぽ栄養がとれていません。家事食事の世話をしてくれるカーチャン急募!!と何度も思わざるを得ない状況でした(笑)

ブラックフライデーセールは予想以上にご注文を頂きました。しかし、クリスマスが差し迫った時期には難しいセールですね。クリスマスに近づけば近づく程郵便事情が悪くなるのでなんとしても12月初旬には発送が完了していないと、郵便物の紛失でハラハラドキドキな状態になるでしょうし。来年、セールをするならちょっと時期を早めて開催しようと思います。

さて、カレンダーの用紙は11月25に注文したものが未だに届かず!さすがアメリカ!本当に計画通り事が運びません。それから、ウチのプリンターの調子が悪く(縦線が入ってしまう!)、カレンダーの出力には恐らくキンコーズ等の出力センターに行く事になると思います。もしここを読んでLopshopのカレンダーが欲しいという方は是非前もってご連絡いただければ、現在受注分とともにカレンダーを出力しておきます。恐らく今週中には届くのではないかと思うので、週末に出力センターに行く予定です。というか今日もう木曜日ですね…今日か明日中に届いてくれー!!

それから、カレンダーのイラストについて、昨日カーチャンから連絡がありました。

「このカレンダー、ストーリーはあるの?ないの?どういう流れなのかさっぱりわからないんだけど」

「見ればわかるでしょ〜!」

「11月のイラスト、なんでいきなりセントバーナードが出てくるの?」

「あ、それね…9月は満月の夜に不思議な力を得た部分を描いてて、本来は10月のイラストで白鳥二羽がセントバーナードに変化するシーン描いたんだけどね〜マダムからこの変身シーンがなんだかよくわからないって言われたから全然別のイラストに差し替えて、それでいきなり11月にセントバーナードが登場するというつじつまが合わないものになってしまったんだよ。まぁストーリーあるようなないような感じです(笑」

「そうなの?父ヒロシが毎月のイラストに1行でいいからストーリーの展開書いておくと良かったんじゃないかって言ってたわよ」

「あぁ…そうね、そうか。でもまぁ、一週間でよくここまでできたよっ!できたよ!不可能かと思ったよ!」

今回のカレンダーのテーマは白鳥。白鳥の騎士ローエングリンはアーサー王伝説がベースになっている事、また白鳥がテーマの他の物語には魔女によってお姫様や王子さまが白鳥にされている物語が多い事、こんな事を踏まえてそういう要素がチビッとあります。カレンダーではうさぎが白鳥のヒナとともに育つのですが、その白鳥のヒナは魔女によって姿を変えられていたセントバーナードだったという要素が実は入っています。しかし、11月までそんなそぶりもなく、いきなりセントバーナードが出てくるので見る人はワケ分からないだろうなぁとは思っていました(笑)ホントすみません、私の力量不足です(笑)

そして、そのセントバーナードを描くにあたって…犬が描けないという苦しさを享受 最初の下描きがこれ(笑) inu1 ポテコとペテコ↑(笑)

犬なんて描くの、小学生ぶりぶりだよ!描けないよ、どうなってんのセントバーナードの顔って!これは自分でも描いてて笑いました。さすがに笑った。セントバーナードの顔、ジワジワ来る。でも嬉しそう(笑)父ヒロシに「犬が描けない!!」とSOSを出したものの、翌日返事が来ないので「うへぇ、自分でやらないとダメか」と再挑戦↓

inu2   第二の下描き(笑)セントバーナードの顔、肉がタルタルしてて画像検索してみても顔の肉がどうなってるのかよくわからねぇ〜!肉、タルタルしすぎー!一応、手前がポテコ、後ろがペテコです。ペテコの方はちょっと顔を崩しました(実際のスリッパの顔が崩れてるので。笑) しかしながら、第二の下描きを父ヒロシに送ってみてもらったら「別におかしくないよ」と言われたので、それを信じてこのまま描いて11月のイラストにしました(笑)

というわけです。早くカレンダー用の用紙届かないかな…。

27/11/2014

カレンダーできました

calendar_2015   やっとカレンダーが出来ました!!

いやぁ〜来年のカレンダーはどうなる事かと思いましたね、自分でも。二週間前に1羽のカモメがあの時あそこで鳴かなかったら私は今でも「うあぁ〜思い浮かばない、ダメだ!」とゴロゴロ転がっていた事かと思います。

イラスト描き始めて一週間、カレンダーが仕上がりましたよ。色はいつものようにスクリーントーンを貼るような感じにして鉛筆とペンの線が出るようにしてあります。例年使っているコットン紙に印刷するとまたいい感じになるのではないかと。この一週間、1年分の働きしましたよ!まるで夏休みの宿題を31日に全部やる小学生のように!今回のカレンダー、なんとなく月ごとにストーリー性のある絵になっています。しかし、とあるイラストをマダムにダメだしされたのでイラストを差し替えた結果、急激なおかしな展開になっている月がありますがご了承ください(唐突に、なんの脈絡もなくセントバーナードが出て来る。笑)

一応、舞台はノイシュバンシュタイン城周辺の湖です。所で、先日スタビロの会社の成り立ちを調べていた時に、なぜスタビロのロゴがスワンなのかと思ったら、スタビロの経営が傾いた時にシュバンシュタインさんという方が工場を買い取ったうんたらかんたらの縁で、苗字のシュバン=スワン(白鳥)がロゴになった模様。というわけで、ドイツ語でスワンはシュバンだったんですな。これまでノイシュバンシュタイン城の名前がどうしても覚えられなかったのですが、このスタビロの逸話でやっと覚える事が出来ましたよ!ドイツ語の勉強はした事がないけど、ノイは確か新しいですよね?新しい白鳥のシュタイン城(ノイ・シュバン・シュタイン)で覚える事ができた!覚えられなかった頃はノイバンシュタインとかノイバンシュタンシュタイン城などでたらめ言ってました、ゴメン、お城さん。

そして、結局トーチャンに助けを求めたものの、前半はトーチャンも忙しくてみてもらえず、あわよくば背景描いてもらえないかしら等という目論みも失敗!(笑)結局、描いた絵を見てもらっておかしな所がないかチェックだけはしてもらいました。 そして、短期間に白鳥を見すぎたせいで、色んなものが白鳥に見えてしまう事に!数字の2を見ても白鳥にしか見えない…2は優雅だなぁ…美しいフォルムだなぁ…雲を見ても白鳥ばかりに見えるし、はたまた外出時に路上の街灯を見ても白鳥に見えて本気でギョッとしてしまう病におかされています(ちなみにシアトル市内にはイラストに使ったコブハクチョウはいません…いないはず。オリンピア市の湖には1羽いるようですが…)

そして、タイトル文字はドイツの昔の文字を参考にしたと言う↑このフォントを使ってみたのですが、Lは綺麗な飾り文字になっています。そのLを見た時にまたもや白鳥が見えたので、実際に白鳥に見えるように改変してみた…けど冷静になった今見ると羽の部分がフランスパンっぽくも見えますな…また後で変えるかも(笑)

というわけで、カレンダー販売開始!したいのですが、紙がなかった!!!3日程前に気がついてオーダーしました。紙もシアトルでは販売していないものなのでオンラインで注文して届くのを待っている所です。なんとか12月第一週には送付したいです。クリスマス間近になると郵便事情が悪くなってしまうのでねぇ…紙の配送屋さん、頑張って!走って!!

所で、Twitterやインスタグラムでちらっとブラックフライデーセールを行う予定と書いたのですが…想像よりも商品準備が間に合わなくてですね…色々不手際が発生したので本当に準備が押せ押せになっています。しかし、既にツイート等してしまっているのでそのツイートやこのブログエントリーを見た方だけLopshop全商品20%オフでご提供!ご注文はサイトを通してではなく、直接メールにてご希望の商品を記載の上ご連絡ください。西海岸時間28日0時から29日0時までの24時間です!日本だと…29日夕方5時から30日の夕方5時でしょうか?間違えてたらめんごめんご、も〜この時間でいいや!(←めんごなんて小学生ぶりに使った。笑)

それでは、オーダーはこちらへお願いします↓

orders@lopshop.net